パネルボンド補強


足回りの動きがダイレクトにしなやかに伝わるのが体感
単純にコーナースピードが変わります。


要予約
TEL    0463-95-9670
mail take2@garaget2.net



現在T2で一押しのパネルボンド補強!
ボディとフロアのパネル間やアッパーマウントを取り付けるボディの鉄板間に
貼り合わせてあるシール剤をきれいに剥ぎ取ってからボンドを注入します。
ボディのへたりをぴたりと押さえる優れもの。
溶接並みのボディメイクをこんなにお手軽に体感できちゃいます!

特に新車じゃない方!
このままボディがよれ続けて金属剛性が落ちるのを黙ってみているだけではダメです!!

新車の方!
新車で感じたシャシィーの剛性感は永遠ではありません。


ボディを長持ちさせるということは 「車の寿命を延ばす事」です。  絶対にお勧めです!

1 全ての糊を丁寧にはぎ、ボディの隙間にボンドを注入。面で剛性を高めます。
ボンドは航空機等で使用されている高剛性高密度のものと貨物列車などで使われるしなやかなしなりを持つものを併用。
2 スポット増しと違って剥がれず錆びず、その後のメンテもとりあえず不要。
3 スポット溶接に比べて時間がかからない!
4 ボディ補強としての料金がスポット増しや溶接に比べて格段に安い。
お問い合わせはこちら



。税別(消費税8%を加算してください)
メイン3点パネルボンド補強作業
(ほとんどの車種で可能。旧車レストアにお手軽です)

値段(税別) *他の作業もあるため予定工期が遅れる事があります。
パネルボンド (メイン3点一例)
フロントストラット周り上部およびフェンダー内含む (工期 約1week)
左右 95,000円
 
 
*別途下記作業料金がかかります。
フェンダー脱着料金 左右16000円〜
バンパー脱着料金  9000円〜



リアストラット周り上部およびフェンダー内含む(工期 約1week)
左右 95,000円
 

*別途下記作業料金がかかります。
リアシート内装脱着料金別途 10,000円〜



フロア車内(工期 約10日間)
(ボンド注入後同色ペイントを施工します。
160、000円




*別途下記作業料金がかかります。
内装、カーペット脱着14,000〜
シート一脚脱着3,000〜
リアシート脱着5,000〜
ロールバー脱着1点5,000
*ご自分で外せるものは外してきてください。

 
 2018年7月以降「フルボディドンガラ補強」取り扱えなくなりました。
   

 2018年6月まではこんなことまでやってました!
そしてこのノウハウが現在のメイン3点補強に生きています。
パネルボンドに関する記事はこちらのブログをご参照ください。
http://ameblo.jp/garaget2inayu/themeentrylist-10080452499.html

「フロントだけ」 「リアだけ」 「フロアだけ」 
単独補強もOKです。

*軽量化メルシート除去は2018年7月以降作業をとりやめました。






パネルボンドは速乾性、高剛性のモノを使用
実際に航空機や純正の自動車車体の一部に使用されているものです。


今の競技車はスポーツ走行を始めて何年になりますか!?
よれたボデイが今日日のハイグリップタイヤに負けて
再現性の無いコーナリングの原因になっていませんか?


ボディ剛性は余計なロールを最小限押さえコーナー安定性をもたせるものです。
そして今のボデイがもっと長く使えます。
スムーズなコーナリングとブレーキングに強い味方となってくれます。

足とタイヤのグリップ感がハンドリングに現れます。
ドライバーにわかりやすくなるので、タイムアップのお役にも立てます。

今、タイムに伸び悩んでいるあなた!!
知ってください!

ボディ補強はあなたのタイムアップのお役に立てるはずです。