亨さんの日記がどうも続きそうに無いので
TTでの日々のネタを気が向いたら書こうかなぁ〜!?
題して
「稲ゆ!の気まぐれ日記 !」

12/21 晦PEX社の「懇談会」に出席してきました。
将来を見据えて、いろいろな事業展開を起こしている鰍`PEX社は「iモビシス」という携帯電話とセキュリティがライン化するシステムに力を入れていくとのことです。
ここ数年車が盗まれる話を良く聞くので、実際不安な人達も多いと思います。このシステムだと盗まれても自分の車の位置を確認できるので、犯人検挙や車の戻ってくる確率が高くなるってことですね。

ちっちゃなショップのTTとしてはそれより「この時期の商品の欠品を毎年なんとかしてください!」とお願いして来ました。(苦笑)偉い人に話すのにちょっとお酒の力を借りて、マジにからんじゃった!たち悪っ〜!

そういえば、こないだ病院に検診に行ってインフルエンザをもらい一週間もマスクを離せませんでした!
みなさんもインフルエンザとサーズにはお気をつけあそばせっ!

...なので今月結局一度もジムカーナを走れておらず、かなり欲求不満です。
12/6 大槻氏の「アドバンモータースポーツの集い」について行きました。

大槻氏は横浜タイヤの皆さんや日ごろお付き合いのある業者さん、ジムカーナ仲間との情報交換等で片時もお皿は離さないものの夢中で話っぱなし。
私はというと、ただ酒片手に「あ、右京だ!織戸だ!谷口だ!!」とベストモータリングウォッチング。
「ああ、サインほしいなぁ。でも恥ずかしいなぁ。(←日ごろはそんなタマではない)色紙も持ってきてないし。」
...私ってジムカニアンじゃなかったのかしら...。
12/5 コース1000で走行会を主催しました!
ジムカーナメインのうちにもサーキット派のお客様はいらっしゃるんですよ。少しですけど。(笑)
そんなお客様のために年に1回だけ、TTでもサーキット走行会を主催するんです。

バリバリ溝無しタイヤだったんですが、ランサーなら40秒切れるかなぁと楽しみにしていましたが、前走者にひっかかるとどうも抜きづらくクリアが全く作れません。結果40秒4という情けないタイムで終了。

亨氏が「1本だけ乗らせてくれっ!」と1発ランサーに乗り、39秒3をなんなく出してしまったのでもうめちゃ悔しい。クリアは作れなければ相手に張り付いて威嚇するんだそうです。(笑)

大槻氏は本日お店番です。
11/29 一足お先にTTの女同士で忘年会してきました。
名づけて「女子供忘年会!」
日ごろジムカーナ場にせっせと通い、いつも店で車を語る熱い女性から、そんなダンナや彼氏を支える奥方、彼女までみ〜んなで箱根で露天風呂。夜はフレンチ、朝はバイキング。
時間が優雅に流れましたよ。
ジムカーナでの「一泊」といったら、夜、練習会のVDを仲間で見て、寝て朝早起きして気合入れて...みたいな宿泊ばかりなので、次の日のことを何も考えずに楽しくお酒を飲むのは本当に贅沢な時間の過ごし方でした。

ところで、先週の東京戦。
なんとうちの積載車、新車のエルフになりました♪♪キャンター物語参照
どうしても運転したくて運転したくて、つい東京戦に亨氏と出てしまいました。
同じトラックで何がこんなに一体違うのっっぐらい乗り心地がよく、これなら来年は野宿もばっちり!!(貧)

肝心な成績は、アルファの岡野選手の設定コースがTTの練習会でもよくあるようなレイアウトだったために、チーム員一同、俄然成績が良くて嬉しかったっす。とは言っても私はトップに2秒もやられて2位だし、亨氏はシードクラスで1人だったためか気の抜けた走りをしてしまい、B2には負けちゃうし「あれれっ」という感じでした。ま、成績は仕方ないです。夫婦でへぼいんで来年はがんばりますです。
この試合を最後に亨氏のS15はなんとエンジン2140CCにチューニングするため、年内は帰らぬ奴となりました。
その間に足回りをも一回見直すそうですよ。S15ユーザーの皆さん、よりトラクションのかかる足回り、待っててくださいね。
大槻氏も12月に入ったらFD3Sのエンジン、RマジックさんというFDのカリスマショップさんでオーバーホールに入ります。今年の大槻氏は「壊れる」と言われているFDで「壊れてもいい」ぐらいの連続走行&練習量でした。
正直最終戦にはもう直線が見た目に遅くて「よくあれで勝てたな..」.と自分で感心していたぐらいまで車が痛んじゃっていました。今回のリフレッシュでまた来年も同じFD乗ります!

男ドモの車が無い間に私はせっせと練習に行こっ♪
11/16 今日は関東フェスティバル!
当ショップのビッグ&プッチムーンのメンバーもほとんど参戦です。
さっき結果報告をもらったんですが、まだ電話の向こうからアナウンス&タイヤのスキール音が!!もう4時前なのにさすが、198台のエントリー数!まだ終わんないの!?
そのうち、レギュラータイヤ勢が約50台と聞いています。

TTにはジムカーナチームが2つあります。
ビッグムーンは大槻会長をトップに、ばりばりJAF公認クラスを狙うチームです。
プッチムーンは少しのどかに、レギュラータイヤで戦う人を考えて作ったチームです。チームを作ろうと思ったときはまさかこんなに人口が増えるとは思ってもいませんでした。ただ、こんな時代なのでタイヤ代が浮く分みんなの活動がしやすいかなと思い、形としてわかりやすいようにチームにしたんです。
それが少しづつだけど確実に人数が増え、いつのまにか活動の拠点が広がり、来年にはとうとうミドル戦までクラスができそうな勢いです。

私達が主催しているG6も改造は陸運局の許可の範囲で、タイヤはラジアルタイヤがメインです。
同じクラスでタイヤコンデイションがイコールなら勝負は同じ土俵でできますよね。

モータースポーツ、特にジムカーナのように参加型の競技は、行き過ぎたり、引きすぎたり時代の流れに今一ついてこれないJAFの決める規則よりも、参加者の考え方の方が全然うわてです。
ああ、来年はジムカーナ人口の減少に歯止めがかかりますように!!レギュラータイヤクラス、がんばれっ!です。
11/11 G6フェスティバル。
コース面白かったですよね!走りたかった...。

私は「御菓子すくい」というレクレーション担当で呼び込みをやってたんですが、自分が「てき屋さん天職!」と知りました!(笑)
G6フェスティバルも今回が3年目で初めてエントラントが定員を切ったと言うことで、事務局のアルファ中村社長は相当危機感を持たれたようです。が、私はそれでも143台も公認の無い「練習会」に集まっていただけるのですからすごいなぁと思います。来年はもっともっとショップ同士でいろいろ知恵を出してあって主催者もエントラントも全員が「楽しいね!」と更に言ってもらえるものにしたいな!!

こうしたらいい」等意見がありましたら是非、アルファさんのメールかTTのメールにどしどし入れてくださいね!
11/7 10/31〜11/2までJAFカップで富山へジムカーナ。うちの積載車は知る人ぞ知る、大変なおんぼろなのでその前後は丸1日移動日になってしまいます。月曜日の夜に店に帰ってチームのミーティングに出席。次の火曜日は、たまった仕事にふうふう言いながら車を準備して昨日はTTのジムカーナ練習会で浅間台。
「走りたい!」と思っている人にはきっとよだれが出るような贅沢な日程のすごし方なんでしょうね...。私だってもちろん楽しいんですが、ここまで野外活動が重なると体力とお肌の限界が!!(笑)

あ、JAFカップはまぶ友の治子嬢がターンミスしてくれたおかげで勝ててしまいました(汗)。もちろん腕前は全然友の方が上です。私は前回のオールスター戦で「攻めなかった事」が本当に後々まで辛かったので、今回はのびのびと走りました。もう中間タイムがどんなに遅くたって「へたなんだから目いっぱい行こう! 」と気にせず走った。久しぶりに心から試合が、走ることが、楽しかったです。
大槻氏は3位でしたが、負けたのにこちらもさばさばしていました。「森嶋さんの気合、勝負にかける有田君の心意気」に今回は自分の気持ちを上に持ちつづけることができなかったと振り返っていました。

D1予選に出向いた亨氏は逆に相当辛い思いをしたようです。当たり前ですが、みんなドリフトを練習して予選に出向いているのだからドリフト上手いんです。普通にきれいに横に向けるだけのいつものジムカーナ延長ドリフトだとなんの感動も人に与えられない訳で、改めて「主観」がルールのドリフトの難しさが心に残ったようでした。もちろん予選落ち(笑)。これで懲りたかと思いきや「シルビアを乗りこなす為に、俺は続ける!」と何故かプラスの意気込みです。

これで今年の私達の試合は全部おしまい。
だけど、今年はこの調子だと3人ともオフシーズン無しで走り込みそうだ...。
私のお肌はいつ回復するのやら...(難)。
10/25 本チームでFRの講師をつとめているムネピーこと萩原氏が、今年の大槻氏のライバルだった全日本ドライバー、アルボーの柴田氏のS2000を購入できることになりました!!来期は雨の関越でS15を廃車にした悪夢から我慢に我慢を重ねての2年ぶりの本格復活です。TTでも駆動系をずっと触ってみたかった車!
今年の冬はリア駆動が熱くなりそうです!?
ところで本日はチーム員達のスリックカート大会があります。
滑る上に荷重移動してたらスピンしますから、けっこうコツがあるんですよね。実車と動きは違っていてもうちの連中ときたらとにかくすぐ夢中になるので、熱くバトルするんだろーなぁ(笑)。
10/20 昨日1日臨時休業をいただき、亨氏は埼群戦FRクラス、私は大槻氏とJMRC全国オールスタージムカーナ戦、Lクラスに出場しました。
「この日のために」走りこんできたにもかかわらず、私は1本目のパイロンドカンで意気消沈。2本目はこの世のものとも思えない守りの走りで、総合2位にはならせていただいたものの、サポートに来てくれた大槻氏にはめちゃくちゃ怒られてつらい1日になりました。(泣)
亨氏は1本目のタイムを逆転されて「ドキドキ」していたらしいんですが、気持ちを切り替えて乗り切り、無事チャンピオンをとった模様です。
気持ちを強く持った1位。
弱気に守った2位。
順位はともあれ、ジムカーナはつくづく技術もそうですが何より精神に影響される競技なんですねぇ。

結局私は2年連続ジュニアチャンプです。ジュニアですよ、ジュニア!!このネーミングなんとかなりませんか(笑)!今年は去年以上に年齢層の高いジュニアチャンプ達がぞろぞろとお立ち台に登ってきたのを見て(昨年は別名シニアチャンプと呼ばれていた)ネーミングとのギャップに笑いが止まりませんでした。しかも私も荷担してるしっ!!(苦)

ちなみに今日は3人とも疲れてどんよりとしているにもかかわらず、臨時休業のせいで仕事に追われ、狭い店の中どたばたとパニック状態です。(笑)
10/6 今回の埼群戦のFRクラスは新旧シルビア乱れうち対決となりました。

噂によると「打倒!稲木亨」でFRのみなさんが奮起したらしいんです。

今日ビデオを見せてもらったんですが、なんとまあみなさんのFR使いな事!!
とても県戦とは思えないレベルで巧みにコースを攻めている姿は、もう芸術ですね。
見ていて楽しいですし、なんといってもあの綱渡りの臨場感はFRならではのたまらない動きです。

結果1本目のせこい走りで亨氏は逃げ切ったようですが、自分でもFRの奥の深さをしみじみ体感したようで
「2年乗って4駆に戻ろうと思ってたが、まだまともに動かせない。やばい。めちゃ楽しい!」とわけのわからんことを言い始めました。

シルビアはパイロンジムカーナという競技にはあまり向いてないですが、乗り手がセッティングや乗り方の工夫で運転が上手になれる車です。乗りたいなあ...。狙ってるんだけどなぁ...。まだ飽きてくれなさそうだ。ちぇっ!!
9/29 大槻氏が全日本の最終戦でとうとう夢にまでみた1位ゲットです!!
ランキング2位決定!!

今回は金曜日から入っていたのですがコース1000は地元とはいえ大槻氏、2回しか走ったことがありません。(しかも両方お客さんの車で!)一見器用になんでも乗りこなすように見える大槻氏ですが実は普通に不器用で、タイムを出すにはある程度「コース慣れ」が必要です。

不安的中...。金曜日の練習会は全くタイミングが取れず横にずれっぱなし。
土曜日は1本だけの公開練習で多少距離感があってきたものの、やはりコースとタイミングを合わせることができません。
悩みました。ランキングかかってるし。
こういう場合「何がどうした」「ラインがどうの」という問題じゃなく、単純にコースに対する自分の車速のイメージのズレが原因です。人のタイミングはくせですからそんなにすぐには変えられない。自分のくせを殺さず走りのイメージをどう変えればアクセル入れつづけることができるのか、今回ばかりは話しても話しても一致しません。自分の体にないタイミングはお互いがわかるように説明することすらできないんです。

「ここ、う〜う〜〜〜、う〜でかぶすのはステア遅れる?」「う〜う、うぅぅ〜ぅううもあり?」「ぅぅ〜は多分アンダー」「うっ...!(←これは人語)、じゃ、ぶぅぅーっ、ぅぅうう...と」「..オンオフ出して?死んでしまえっ!」
何語がわかりますか?(笑)

そして迎えた全日本1トライ目!運良くターンで稼いで2番手タイムで帰ってきたのですが、どうやら漠然と何かに気づいたようでした。私もみなさんの走りを見ているうちに自分のイメージが具体的になりました。お互いに話してみると、やっと上の何語かわからないものがまとまった!!あとはその通りに動かせるか、それは果たしてタイムにつながるのか...。もう何かに祈りたいぐらい不安でした。データもないし!
私達が気にしていたのはサイドセクションやコーナリングではなく、むしろ中速セクションだったんです。

2トライ目。「来た!」中間ベストをあの決して速くも無いFDで叩き出した時にはもう手に汗がどっと出ました。スラロームでパイロンに当たらないでくれっと本当に祈った。大槻氏のゴールとほぼ同時に山野さんが脱輪、不謹慎にも当チーム員が土手で大喜びしていましたが、それだけ応援に力が入っていたということで現場にいたみなさん、お騒がせしてすみませんでした。許してあげてください。
ともかく本当に本当に嬉しい初優勝でした。
そして今週末の「大槻さんで遊ぼう」売り出しに、恐怖感を覚えます。(笑)
9/23 どうにかこうにか今年もLクラスでミドルチャンプ取ることができました。
シリーズ通してうまく走れたと思えたセクションが無かったのが非常に大きな悔いとして残ります。

エボに乗ってから四苦八苦しているのが2速3速の大きなコーナリング。
あの安定した感じが私の中では立ち上がりで向きを変えるのにアクセルを我慢させられる要因となってます。
MR2育ちの私は、進入スピードはできる限り落とさずコーナー中はアクセルをじわっと入れながら小さなテールスライドをつくり それをトラクションに変えていく、あの瞬間にたまらなくエクスタシーを感じるのですが
エボではまったくできない。(笑)
サイドターンはインナーシューなのでパカパカ回りますが、うまく決まってもドアの近くで回れない。(笑)

...と、MR2をいつも心に引きずって走っているのが上達を妨げていると亨氏に言われました。
その亨氏はこの前エボに乗せたら全盛期の頃の走りはすっかり忘れちゃってFRっぽくなっていました。(笑)

さてさて いよいよ今週末は大槻氏全日本最終戦!前回の全日本後、FDは毎朝ピットから出すだけしかエンジンをかけていない大槻氏。最近は食べ物の話ばかりだし、大丈夫なんでしょうかね...?
9/15 昨日の神奈川戦、亨氏&チーム員達で大挙エントリーして最後のNコースの試合を楽しんで来ました。
亨氏はJMRCシードの為Sタイヤクラスには出られないので、クローズド2駆でエントリー。ノーマルタイヤのクラスです。「やばかったら新ネオバ使う」と姑息に持っていっていたのですが、2本目は雨との事で1本目でタイムを決められたようです。十分、RE01も良いタイヤ♪
チーム員達も大検討!クローズド3の4駆クラスは1,2,3独占。N3も優勝。
育ててもらったNコースにみんなでタイムの恩返し。嬉しいです。
富士は本日フィナーレのイベント。明日から本当に休業なんですね...。

なんて感傷に浸ることもできず、昨日はTTでは、朝から不具合を訴えるSW20の駆け込み寺と化していました。...
9/13 9/10(水)。富士Nコースでの当店最後の練習会。
あまり暑くなくって良かった!
みなさんに満喫してもらうために、わざとコース長めでめいっぱい
ジムカーナらしいコースを作りました。

目をつぶっても台形全開で抜けられるぐらいに走りこんだコースです。←いや、実際はできませんが(笑)。無くなってしまうなんて辛いなぁ。
9/8
大槻氏またもや全日本で2位ゲット!!大好調です。
今年は練習嫌いな大槻氏がすごく走るんですよ。練習会でも午前中に13本とかもう、鬼のように並ぶ。
FDは車的に温度が上がるとやばいんじゃないの!!と思うのにおかまいなしに走る。
理由は「全日本やってるとパイロンがへたになるから、それだけは嫌だ」というんです。昔からパイロンワークで稼ぐ人でしたからこんなにカートコース漬けになると、逆にストレスがたまるらしい。うまい人っていいなとつくづくため息です。
関東ミドル戦の方も残るはあと2戦。佳境に入りました!!
4駆に慣れて来たとはいうもの、不得意なところはグリップで走っていたり、サイドターンの見極めが全然なってなかったりと課題が多いまま、今年はレディースクラスでは車が有利ということだけで勝ててます。これはこれでストレスなんですよ、私には!去年までは4駆相手にSW20で0.1秒とかかなわずどんなに悔し涙を流したことか!それなのにこんな状態で首の皮一枚ではあるものの、勝ててしまうのが辛い。

腕で見たら他の2駆の皆さんがどんなに乗れているかわかるだけに尚、辛い。
次の関越はダメな部分を集中的に練習して今年一回ぐらいは「決まったじゃん」っつう走りをしてみたいなと思います!
9/4 APEX CUP 富士本コースについていきました。
試合前なので走らなかったんですが、本当は走りたかったんです。と、言うのも私にとって富士は思い入れのある特別な場所です。今日はしがない思い出話でも書きましょう。

○年前、TVではF1全盛期。WRCもさかんでいつTVをつけてもモータースポーツを見ることができた時代でした。その頃私は峠を走っている仲間の走りを見に行くだけのしがない峠ギャラリーでした。...というのも私は免許取り立て。車を手にしたばかりで交差点の右折ですら信号が変わるとどうしていいかわからず、後の車にクラクションを鳴らされるどんくさーい奴でした。
それでも何故か車が面白く、古館一郎のアナウンスを聞きながら「アウトインアウト」とか「テールツゥノーズ」とか言葉と雰囲気を一生懸命覚えていたわけですよ。そのうちセナ(アイルトンセナです)の走っているときの気持ちを猛烈に知りたくなりました。(笑)←素人って怖い。

思い立ったら何も考えずに行動してしまいます。無謀ですから!

富士本コースを1時間走れるというだけのチラシをトヨタのディーラーで見つけて何も考えずに応募。
公道ですらまともに走れないのにフルノーマル、旗の知識なし、全開経験無しで走りに行っちゃったわけです。テーピングも知らずグローブも現場で知り合った人にお借りしました。

すごかったですよ、それはもう!(笑)
ブレーキ踏むたびに外にこぼれ、「アウトインアウト」だけ思いながら走ったために、後ろの車は私を抜かそうにもラインを取れずに次々とスピンアウト..。まさに後ろは地獄でした。前の車は速くて見えないし(笑)。

なんとか1時間走ってタイム表をもらったら、3周分しかラップが残ってなかったのです。(あとはいろいろ回ったり止まったりしていたのでしょう)そのうちの1周だけ2分9秒というタイムが残ってたんです。「初めて走って車もそんなで9秒は速いよ」とそのとき知り合った方に誉めていただいたんですね。それが全ての私のモータースポーツの始まりでした。その人とはそれっきりなんですが(笑)...。
あとでこの話を峠の仲間に話したら、「おまえいくらなんでもサーキットは早すぎるよ。まずジムカーナでもやって車を知れよ」とあきれられてしまいました。ジムカーナ?何?

その一週間後には雑誌で知った大槻氏のチームの門を叩き、更にその一週間後には富士のNコースで初めてのジムカーナを体験。そこにダートラジュニア戦ドライバーだった亨氏がサイドターンの練習に来ていて知り合うこととなりました。更にその一週間後にはパットを入れて、Aパドで初サイドターンを体験!1ヶ月で3回も富士にいたんです!
始まりが富士。そして今まで車を学んできたのも富士でした。

今月15日で一旦閉鎖になってしまいますが、ジムカーナ新コースはできています。
今までの富士にありがとう。これからの富士にまたよろしくお願いします。という気持ちです。
9/1 埼群戦第10戦!亨氏が先週のG6で何か走りをつかんだと言って、うきうきとでかけて行きました。

1本目はドライだったが2本目は土砂降りということで1トライ目で勝負決まり。チーム員からのメールでその1本がいい走りだったとの連絡を受け、ほっとしました。
と、いうのも試合前に大槻氏が「もし、今回負けたら次から祐子氏のサポート隊に徹すること!今年は試合無しね!」と亨氏をいじめたらしいんです。
亨氏も人のサポート隊なんてまっぴらごめんでしょうが、私だって試合のときに走りをああだこうだ、なんか言われるのわかっているのに、ついて来られるの たまらないじゃないですか!!

このプレッシャーのおかげで、亨氏はいまだかつてないプレッシャーの中走ったようです。
私もいまだかつてないぐらい、亨氏の結果が心配でした。(笑)

道がすいていて早く帰ってこれた亨氏の走りのビデオを早速大槻氏と一緒に鑑賞。
細かい動きでまだまだつめる所はあれど、立派なリア駆動乗りに成長している亨氏に大槻氏感動!!(謎)
実は今年からリア駆動に乗せたことで、亨氏の成績を一番心配していたのは大槻氏なのかもしれません。

そんなことで、夕べは久しぶりにスタッフ3人だけでおいしいものを食べに行っちゃいました!!
各自、自分に不幸が降りかからなくてすんだお祝いです。
8/25 昨日は今年唯一出場できるG6ジムカーナのDジャックさんラウンドにトオル氏と行ってまいりました。
私は実は一度も自分の車でラジアルタイヤで走った経験がありません。しかもSWならまだしもランサーで、お店のお客様が捨てたのをひろったRE711の235サイズ...。
不安で夜も眠れませんでした(←大嘘)
しかし、暑かったですねぇ昨日は!!多分今年一の暑い大会だったと思います。エントラントもクラスによっては全日本戦のようなメンバーで負けずに白熱してました。

そこで私はレギュラータイヤもタレルというのをはじめて耳にしました。
(私の711は垂れませんでしたが...)

「楽しむG6」と思っていたここでも、JAF戦やJMRC戦と同じようにタイヤの情報やセッティングにみんな真剣に取り組んでいました。
新ネオーバはタレルしよれるとタイムが出ないということで、まるでSタイヤのような会話です。ラジアルタイヤをはいたことの無い私には本当に新鮮な驚きでした。
G6もエントラント同士、一見お遊びしているように見えてもみんな真剣勝負してるんですね。

ちなみに私もトオル氏もクラス5位と鳴かず飛ばず(苦笑)。
8/18 先週は大槻氏の全日本!&亨氏の埼群戦。同じジムカーナなのになぜ後者は笑えるのだろう...(謎)。

全日本。スター山野選手が「ナスの漬物」事件で撃沈するも(と勝手に事件を作っています。 謎)、ライバルの柴田さんに0.1秒勝てたのが勝敗を分け、2位お立ち台。とうとう大槻氏たなぼたではなく本当に現在ランキングも2位に!!

埼群戦。腕ではまだかなわないターボ86の山本さんに亨氏、車の新しさで勝負をかけるも所詮絶版車どおし(謎)、腕で0.5秒かなわずやっと2位お立ち台。ライバルの欠席も手伝って現在ランキングも2位に!!

うちの男達は熱いわっ♪(←謎深まる)

私も昨日は関東ミドル戦。
初めて「中間タイムオーバーオール」なるタイムで走れました!(しかも光電管計測で!)4駆に悩んで早半年。「ちょっとは動かせるようになってきたかな...」というところだったので、もう十分嬉しいです。
ちゃんと男クラスとは「テクニカルで2秒落ち」というオチもついているのでなにもうまくなったわけじゃーありませんが、運転に悩んだら「数乗って知る」事が結局は一番の近道なんですね。
8/2 先週、もてぎのSSWでジムカーナミドル戦がありました。初めての「スーパースピードウェイ」でバンクのあるコースです。UPダウンを利用すると言うことで昔の血が騒いで?非常に楽しみでした。
でもやはりレイアウトとなると高速スラロームになっちゃいますねぇ〜。パワー差が出るので私の出ているLクラスは勝手に四駆の私が有利ということになってしまいました。...ゴール前にこてこてのジムカーナらしいパイロンワークが企画されていて、4速から1速フルブレーキフリーターンというのは本当に初めての体験でこれにはちょっと感動しましたが、ここでは予想どおりしくりました。(笑)
来年全日本がここで主催されるらしいんですが、やるほうは案外面白いかも!見ている方は観客席から遠いのと高速スラロームがつまらないんで少したいくつです。

本日は来週の全日本に合わせて大槻氏が伊那の地区戦にチャレンジしに行っています。
同じ日に亨氏の埼群戦があるのでTTはなんとも優雅に9日土曜日から一週間の夏休み。
お店は休みなんですが、練習会もあり案外休みの間も忙しくなりそうです。
7/24 エボ7パワーFC計画、着着進行中。
今月はTTの練習会が2回ありまして、たまたま某メーカーさん3社からCPUをお借りすることができ、全て乗り比べてA/Fを比較しました。乗り比べると「何を目的に」そのCPUがつくられているのかがはっきりわかります。
サーキットメイン。通常ユーザー町乗りメイン。計算だけで作ったか、実走しているか!?どれもはっきりと区別ができるようにできていました。
A/Fの過渡特性はとても面白い目安です。現車合わせの面白さはまさにここにあり。...でも、私は実は隣でPCたたいているだけ。加速の好みは大槻氏、亨氏に随時言ってもらって書き換えます。2人乗りで180キロも出ているともう互いに必死。
私の好みは低中速もりもりトルク君なので、好みの味に近い某社のCPUのA/Fを参考にしてMAPを作り直してみました。
なんかとてつもなく乗りやすいんですよ、それが!
別段特別高回転がよくまわりつづけるわけでもなく、かりかりに点火を進めたわけでもないのですが乗りやすい!更に加速増量でつきを良くしたら、本当にきびきびとした楽しい車になりました。本当は高回転も煮詰めにゃならんのですが、私せっかちでシフトアップ早いんで8000rpm作ってもしょうがないし..(笑)。

今回、まだ暫定ですがこのCPUの加速特性に合わせて前後LSDの強さ配分を大槻氏に考えてもらい変更しました。一挙に車の特性が変わっています。
さあ、いよいよ今週末はもてぎのSSWという初めてのコース!すごく楽しみになってきました!(車が良くなっても本人の腕は何も変わってないのでそれが唯一の不安です...笑。)
7/13 あらま、もう7月半ばです。
書きたいことはたくさんあれど、日々7/20のオープン記念の売り出しと7/23の筑波基礎練習会の準備準備、7月後半から新しくする予定のHPの原稿作り
準備、準備で頭の中がぐちゃぐちゃ。
あれもこれも、「うーうー」とうなりながら何もかも半端です。...
本日埼群戦に参加している亨氏から1本目終了後にTELあり、「どかんと踏むとまたフューエルカットが起きる」というので仕方なくブーストデューティを下げるようにとコメント。
あーあ、とうとうブーストは1.2です。ブースト1.3かけて283PSだったシルビアはもう275PS前後までパワーダウン。
この前までは338PSだったのよ!馬数は多い方がB車は威張れるのになぁ。
ちと次の亨氏の試合までブーコン含めてCPU関係は煮詰めましょう...。
私もいよいよやっと!?パワーFC始動です。エボ7B車計画いよいよ突入!!
つけてみた。全開した!「あら、市販ってこんなもん?...」うーうー....。
6/30 シルビアが最近面白くてしょうがない亨氏。今回は県戦なのに2DAY体制で土曜日から現地入り。車をまともに作ってから早3ヶ月。ここのところめきめきと目に見えて上達しており、大槻氏とタイムで競える日が今年中に来るかなぁ...と楽しみではあります。何しろ関越で走りやすいようにブースト下げて、カムもタービンもノーマルにしちゃいましたから!バリバリジムカーナ(理想)仕様で作ったときは338PSあったのにいろいろ戻して結局284PS。「峠のお兄ちゃんより馬力ないじゃんっ」と思いつつ、でもコントロール性と足回りを考えるとこのぐらいが関越ではドンピシャのようだ。
埼群戦の結果はというと張り切りすぎて自滅したようで、ここが笑えるところです。
6/24 まだ具合悪いです..。22日のミドルの結果は無かったことにしてください。(泣)
ご心配かけたみなさん、本当にいろいろありがとうございました。

大槻氏は初めての北海道でなんとか6位入賞。ハイスピード区間の中間まではなんと出場選手中びり。ターンテクニカル区間でブッチギリの1位ということでトータル6位入賞に滑り込みました。本人もそろそろハイスピード区間が遅いことに悩み始めた様子です。九州はお店のオープン記念の売り出しと重なっているので1回お休み!次戦は伊那となります。それまでにハイスピードの伊那1コーナーを克服できるのか!っつうのが課題だそうですよ。
6/8 バンザーイバンザーイ!!
年に1度のG6の主催がやっと終わったぁぁぁぁ!!
日ごろ走ることしか脳がない私達スタッフにはこれが一番の精神負担だったんです。おっと売れて無い月も違う精神負担はありますが...(笑)。
チームのみんなのおかげだよ、もう感謝感謝!
私なんてみんなに比べて対して働いてるとは思えないんだけど、夕べはもう家ついたら意識ないもの...!
このぐらい張り詰めた気持ちでジムカーナも練習しろっ!!って!?....しまった、墓穴だ!
6/1 そして新婚の家からお店に直行!本日はTTG6ジムカーナの最終打ち合わせミーティング。チームみんなで綿密な打ち合わせ!!どんどん「あーしたらこーしたら!」とアイデアが出たり意見が出たりでミーティングは超盛り上がり。こんなに一生懸命考えても当日はやっぱり「こうしたらよかったなぁ...」とか反省が出るものです。みんなで一丸となってがんばりますので、参加者のみなさんも楽しみにしていてくださいね!ところで全日本で広島に行っていた会長は結果が6位なるも1本目ミスコースと聞き、チーム員達は大爆笑です。
5/31 シルビアを大破して早○年...!当店のサポートドライバー兼スポーツドライブのインストラクター萩原君がチーム員の綾子さんと無事ゴールイン!!おめでたさに結婚式から飲み続け、気がつけば終電が!!!...というわけで新婚初夜にお2人の家に泊めてもらっちゃいました。ああ、私って人でなし...
5/26 そして昨日は私のミドル戦。
またしても1本目2駆のインテRに1秒も負けてしまい結果、2本目勝手に自滅してしまいましたが、成績だけは残せました。2本目挽回しているからって三味線引いてるわけじゃ決して決してないのです!ただ、四駆乗りへの道は体力もかなり必要なのがわかります。
前日練習で私に乗り方を教えてくれた四駆のみなさん、本当にありがとうございました。走り方をたくさん勉強させてもらえました!
5/18 本日亨氏は埼群戦。
お店に電話がかかってきた。
「もしもし、勝っちゃったみたい」
「もしもし。誰?何 ?」
「俺だよ」
「勝つ?またまたぁ〜、なんで?うそぉ?」
出場2回目にしてFRクラス初勝利!?
乗れてもいないくせになんて生意気な!!
...とランサーに乗れていない私は悔しさに唇をかむのであった...。
5/12 昨日は全日本第3戦!われらが大槻会長はなんとタナボタでまたもや2位をゲットしてしまいました。こうなると「もしかしてまぐれじゃないかも!?」と本人もやっと自覚が出てきたようです。今年は第3戦まではシャレで申し込んでいたんですが、シリーズ同着トップというとんでもない順位になってしまい、シャレでシリーズをおっている場合ではなくなってしまいました。うれしいんだけどお金とタイヤの工面で目の前真っ暗です。(泣)私はというと、今回夕飯に仙台名物の牛タンをおごってもらい、いままでサポート隊をしてきてこんなに高価なごちそうをおごってもらったことがなかったのでもう、うれしくてうれしくて!
5/1 思えば○年前、初めてサイドブレーキに手をかけたのが富士スピードウェイのAコースでした。その一発目はたしか超オーバースピードで大スピン!今日はAコース最後のジムカーナ練習会なんです。この連休が終わると改装工事のため、取り壊されてしまいます。
4/27 亨氏、チャンピオン戦第2戦もB2クラスのエントリーがほとんどいないと聞き、FRクラスもあって楽しそうな埼群戦に今年のシリーズをスイッチすることに!ここならAシードドライバーだろうが全日本シードだろうが走れるらしい!今回S15はピークパワーを出しすぎてホイールスピンで前に出ない。...っつうか、FRはあんなクラッチのつなぎ方でスタートしません(笑)!一緒に表彰台に立っている皆様、四駆乗りの亨氏にFRの乗り方をご伝授くださいね。
4/24 APEXカップRd1、by筑波2000!!
MAPができたS15で亨氏が参加です。
サーキットはジムカーナとはまた違い、相手が同じ場所を走るので緊張感がありますね。S15は本当の意味でシェイクダウンです。
結果は...いろんな意味を含めてまあまあですかね(笑)!!
一緒に行ったお客さんがGC8で四駆クラス優勝!!ジムカーナショップのうちでわざわざ作ってくれたサーキット仕様GC8はうちの自信作です!でも彼もすごくうまくなってた!!
4/21 私の試合がありました。胎内は新潟県です。
前日練習から入って当日も雨。しかも相変わらず私の走行直前には土砂降りです。どうもエボ7に乗るようになってから雨フルんです。...
それはさておき一生懸命走ったんだけどなぁ...。負けちゃった。(苦笑)
でも後輩がうまくなって自分を抜いていく...というのは自分自身負けるふがいなさは辛いんだけど、でもすごくうれしいんです。彼女の努力をずっと見てきているわけですから!!
私はへたくそなんでうまくなった後輩を見て逆にファイトをもらえるんですよ!
「まだまだ走るぞっ!!」って!
う〜ん。しつこい !?(笑)
4/17 朝からS15のサーキットMAPを作るのにAPエンジニアリングさんへシャシィダイ借りに行ってました!なにせエアフロ電圧からばらっばらだったので、もう1から見直し。ただ思ったよりも高回転時のノッキングが取れなくてシャシイダイで細かく見れるにもかかわらず、思い切り点火が進められない。だけど今日を逃すとしばらくAPさんのシャシイダイは予約がいっぱいで借りられないので粘り強く点火を作る。最終的にはAX53B60タービンで337PS、ピークトルク44キロとすごくお馬さんの数が増えました。データは大満足っす!あとは走ってみてどうかが大事なところですね。
4/14 全日本第2戦!ここまでは大槻氏シャレのつもりで申し込んでいた!!ただ、第1戦でなまじっか成績残っちゃったんで本人かなり気合入れてた模様!
ところが前半の高速セクションが今一うまく乗れない。...の逆に超テクニカルセクションがどうもめちゃめちゃうまいらしく1本目ゴールしたら2番手タイム!でもこのまま行けないのがアマチュアの弱いところなのよねぇぇ(笑)。2本目、最後の最後でパイロン前で「キッー!」とサイドミス。悲しいなぁ!となんやかや言いつつでも5位入賞です!前回2位だったから、「あれっ?」と思うのが贅沢なんです!!だけどN3で山野さんを逆転した安部さん、すごい走りでした!私もFR乗りのはしくれ(えっ!?)、あんな走りを見せられちゃうと興奮しちゃいます!!
4/10 >最近写真がないですね。.......
と、撮るものがないからだよぉんっ!!
(←言い訳)

昨日はTT練習会富士Nコース!S15初めての全開シェイクダウン。
とはいえ町乗りマップに、全開時に壊れないよう目先のA/Fを濃くし、目立つノックの点火を調整しただけのコンピュータ...。速いわけないじゃん!と思っていたら、駆動系をさんざんリサーチしてトラクション方向に作り込んであるので動き全体のレベルが高い。それでタイムが普通にでちゃうのよ、これが...!いや、もちろん車は遅いんですよ!...ところが完成されたN車FD大槻号のタイムに「へなちょこFR乗り」の亨氏がひっ迫してるんです。
まだみなさんにお披露目するには全然いろいろセッティングが必要ですが、こんな作りのシルビア、なかなか面白いですよ。「B車でGO!」に仕様を書いてますから、興味のある人は見てみてね。
4/1 本日棚卸!
3/31 昨日はJMRC関東ミドル戦の開幕!
予想どおりN車は少なく、全体の人数も少なめ...。でも去年まで一緒に走っていた仲間たちがいつものようにタイヤ交換をしている姿を見て、なんだかほっとした。
乗り乗りの大槻氏は朝からハイテンション!N3クラスはFD3SとSWの勝負となったが、当チームとしては大槻氏優勝、全日本出場を果たした井登君が3位とFD2台がお立ち台をゲット !
私は4駆勉強不足の為、不安をかかえたままのかなりのローテンション。
Lクラスではたまたま他に4駆がいなかったので上には立たせてもらえたが、自分のつまらない走りに落ち込み、非常に苦しい試合のスタートとなった。
訃報...。大変お世話になっているキャロッセの加勢社長が亡くなられたということで昨日朝から悲しい思いでいっぱいです。お悔やみを申し上げます。
3/23 画像なんて....(涙) とおる氏の第1戦は悪夢のような1日でした...。
3/20 んで、S15はやっとボデイに中身を積んでもらった。
3/23のJMRCチャンピオン第1戦への出場はこの時点で断念。
仕方なくとおる氏は全日本2位のN車FDを借りてBクラスに出る事に!!
3/16 大槻氏、なんと全日本ジムカーナでまぐれの2位お立ち台ゲット!!
「ああ、山野さん(優勝したとなりのプロドライバー)のラインを盗んだかいがあった!!(笑)」っておいおいぱくりかっ!?
3/13 そうこうしているうちに5年ぶりに全日本に出場する大槻ビッグムーン会長。
自分のFDのカラーリングが間に合わないことに気づき大慌てでとおる氏のステッカー張りをお手伝い。
3/6 ドンガラになったS15の各部溶接補強。
古い競技車が多くなってきた今日この頃、ボディメイクの部分も今年からTTは力を入れることにしている。
3/1 仕事が忙しいままほとんど手付かず単にばらしただけ...。大丈夫なのかS15... !?
2002年とおるさんのエボ7日記
2001年とおるさんのエボ7日記