TTでの日々のネタを気が向いたら書こうかなぁ〜!?
題して
「稲ゆ!の気まぐれ日記 !」

12/28 怒涛の12月も本日で終了。
定休日がなくて辛かった...!
それでは皆様、良いお年を〜♪
12/26 メリーXmas!!...でしたね!
もう毎日1日中待ったなしで仕事をしていてスタッフ3人とも心身ともにデロデロと溶けかかっています。

夕べも遅くなり、疲れて助手席のシートを倒してしまった亨氏に代わり愛車ムーブを運転して帰り道についた。少しでも近道を!と小田原厚木道路の無料区間へ向かう。小道にそれたときに後ろからピカッとハイビーム!信号をとろとろ左折した私のムーブの後ろから凄いスピードでロールしながらチェイサーが曲がってきたのだ。
「危ないなぁ...。Xmasで浮かれてんのかしら?」と思っていたら今度はパッシング。
「え、まじっ!」私!?
少し減速して左に寄り行き過ぎるのを待とうとしたが、減速した後ろにぴったりつけてパッシングの嵐だ。やばいっ..追い越して行かない。.何か怒らせたのかな?なんでムーブごときをあおるの?
おそるおそるバックミラーを見るとあごひげを生やして毛糸の帽子を目深にかぶったお兄さんがニタニタしているのが見えた。ゾォ〜ッ!!怖いよー!
「トオル、トオル!!」「んごぉ〜♪」「ちょっと!!」「ムニャ♪」寝ていて起きない。

スピードは30kまで落ちた。もうテールツゥーノーズ(ってこういうときの言葉だっけ?)でそれでもぴったり寄せて来ている。怖い。前方に細いわき道発見!ムーブは咄嗟に急加速しバンッと急ハンドル。ブロックベイぎりぎりわき道に飛び込んだ。同時に後方にキョ〜!とフロントタイヤのロックした音が聞こえた。いまだ!逃げろ〜!!

しかしそのわき道はすぐにメインの道路に戻ってしまい、追いかけてきたチェイサーをどうやら更に怒らせたのかみるみる追いつかれてしまった。

ハンドルを握る手にジワッと冷たい汗を感じる。

くねくねした小道をリズミカルに曲がっていく。
大きなチェイサーは少しずつ遅れはじめた。もう少し!もう少し!!と、やっと小田厚に入れた。
ここまて来たら安心。私はハザードを出して左車線を40K走行開始。有料道路でこんなスピードなら逆に追いかけられないでしょう!!
甘かった。
チェイサーは横に並んだり前に行ったり後ろに行ったりクラクションを鳴らしたりとムーブをかもりだしたのだ。

「何で?あっ、でももしかして知り合い??」もちろんこんな人は見たことがない。
「私がトロトロ走ってたから?それとも途中で怒らせたから?あっわかった。私が可愛いからだ!」(笑)と緊張して何が何だかわからない事を考える。(笑)

前方の左車線に比較的ゆっくり走行している車の集団が何台か見えた。
あれだ!みなさん、お願い協力しててくれ〜、助けて!祈った。

ムーブ急加速。ついて来るチェイサーも急加速。見る見るムーブは縦に振動を起こす。(良い子は決してマネしてはいけません)左車線の一般車集団に追いついた。と、この普通車達の間に急減速して割り込みをかけた。必殺、高速レーンチェンジだ。またもやギャ〜ッとチェイサーのタイヤ音が聞こえた。同時にチェイサーは見る見る後方に下がっていく。間に入れてもらったムーブは突然のGの移動に大きく左右に振られ、納まった。ああWINMAXのブレーキパットに変えてて良かった!(笑)

周りの車は突然の事でみんな車速を落とした。びっくりしていたようだ。しかしすぐにムーブの後ろの車は状況を理解してくれたらしく、またもや猛スピードで追いついてきたチェイサーを間に入れないように私との車間を短くとってくれた。
感謝!
しばらく併走して、チェイサーは諦めて加速して行ってしまった。
はああああっ力が抜けたぁ〜。

「ん?」と亨氏。今更起きて!
「どうしたの?」え〜と。
小田厚を降りた最初の信号。状況を説明しようとした途端、ピカッとハイビーム。後ろの住宅わき道からあのチェイサーが出てきたのだ。嘘でしょ!?もう真っ青だった。足がガタガタッとふるえた。でももう私は発進しなかった。話合おう。私が何かしたのかも知れない。深呼吸。

チェイサーからあごひげに帽子の大きな男の人が降りてきた。私も窓を開けた。
「おねーちゃん、給油口開いてるよ!」
「.....。へっ?」
それだけ言うとお兄さんは方向を変えて元の道に帰っていった。

この人、それを言うだけのために、こんなにこんなにこんなにこんなにぃぃぃぃぃぃっ..???

本当にクラクラした。めまいがするってこの事よ!!
お店を出てすぐ、スタンドでガソリンを入れてもらったのだが、そのときふたを閉め忘れたのだろう。Xmasって...ス.テ.キ。
12/19 人でなしの私はこんなにお店が忙しいのに、定休日を返上して働いている恨めしそうな2人をほっといてレディース忘年会に出て、はじけて来ちゃいました!(笑)
関東ジムカーナレディースドライバー達が一番濃厚なレベルだった頃に(94年〜98頃)戦ったメンツ達です。
今はすっかり引退してお子様がGTにはまっていたり、自家用車がBMWのM3になったり、未練がましく未だに現役だったりするこのメンツで(ある意味引退しきってない?...)伊豆の下田で北は群馬から南は名古屋まで集まってきてぱぁ〜っとやっちゃった!お魚おいしかったです。

どんな会話か怖いでしょう!!(笑)
これが見事に車の事しか話しません。もうみんな中年のお、おばっ、おばちゃ....なのに車の会話の合い間に「冬ソナのヨン様」「ダイエット」「だんな、彼氏のグチ」が箸休め的にちろちろ入るぐらい。っつうか、実はあまりおばちゃん臭いのがいません。本当だよ!(笑)
会話と飲みップリは学生よりも熱い!?
温泉入っておいしいもの食べて、水族館でイルカとペンギンにわいわい言って、会話の中心は車で!!ああ楽しい!!幸せっ♪

本日出社、大槻氏、冷たぁい視線です...(苦)
12/16 人でなしの私はこんなにお店が忙しいのに、定休日を返上して働いている恨めしそうな2人をほっといて富士スピードウェイドリフトコースに本格的なドリフトの練習をしたくて参加してきました。

土屋圭一氏が監修したというレイアウトは豪快というよりもトリッキー。ドリフトをキープするには進入のラインも考えないと続かないレイアウトです。おまけにここのサーキット舗装、新しいことも手伝ってメッチャ食います。
朝、「リアRE01の255なんて無謀だよ、流せないよ!」と言われ「え?RE01ぐらいで?」と思ったところが甘かった!確かに冷えている一発目はホイールスピンがあるんですが周回を重ねるとあっという間に食いつくようになりムリに滑らせるとフロントがカウンターを当てる前に逃げてしまうのです。しかも前回伊那ですばらしいトラクションを見出した「ドリフトには向かない足」。いくら初心者クラスにいるとはいえ、何にもできないじゃん!!これじゃなぁ....としばし呆然。

あと、致命的な欠点が自分にあることがわかりました。

稲ゆ!「あの人上手だね!コントロール!」弱カウンターですいすい抜けるアルテッツァ。
「え〜・・??あれは走りが小さいよ!この180SX2台は上手い!」ホイールスピンが止まらずまっすぐ走らない2台。
稲ゆ!「へっ?この2台?....じゃあの黒い180SXはどうですか?」 カウンターをぴったりクリップにつけて脱出してきた1台。
「あんなにアクセル調整してたら弱いですよ。それよりほらっ、上手い!」とは火を吹いてふりっかえしている(火は凄いがふりっかえしはそんなでも..と私には見える...)派手な青い86。

価値観が違う!.....私の目はタイムトライアル用に出来ていたのでした。(笑)

ここではタイヤを最小限にコントロールする技は「小さい」と言われ、技術は「弱い」と判断される。まさに....まさに天下無敵のアウトロー!

それからは真剣にみんなの走りを見続けた。午前中いっぱいかかって「かっこいい」とされる方向性をずっと考えた。判断基準が主観だから逆に難しい。
我々ジムカーナにはタイムがある。サーキットにも。ダート、ラリーにも!!わかりやすいのだ!
しかしここにあるのは
「かっこいい」「ダサイ」「速い」「続く」であり、1人1人好みまで違う。
でも「おおっ!」と声のあがる時に見ると意外と好みとは関係なく、馬鹿ッ速い進入車速で振返しの飛距離をカウンターで止めながら3速から2速に落としてドリフトしている連中でした。
そして気がついた。こうしてみんなが「おおっ」と思えばそれがこの世界のトップなんだと言うことを!

えっ?私・・??
結局その後はメラメラ燃えました。(笑)しまいにゃ、滑らないと言われたRE01は見事にチャンク!アンダー強いと言われた足をカバーするのはパワーだ!とブーストまでアップ。午後には冷やすためにバンパーまで取った!(笑)3速から2速へのシフトダウンなんてお手の物だ!ふりかえしてる間にシフトロックでながしちゃえっ!えいっ!!ぴゃ〜♪ひゃっひゃっひゃっ♪♪あっ拍手もらえてる!!(笑)んじゃもう一回、びょ〜♪
本当にアウトローなのは....
12/12 人でなしの私はこんなにお店が忙しいのに、恨めしそうな2人をほっといて長野選手会の開催するジムカーナスクールに参加してきました。
たくさんの参加者の皆さんにお声をかけていただき、大変嬉しかったです!!っていうか、本当にこのどうでもいい日記、みなさん読んで下さっているんですなぁ。
ありがと♪
こんなバカバカしい日記でもみなさんの走る活動に少しでもお役に立てれば!(立つわきゃありませんが)癒しにでも役立ちゃ本望でございやす。

んで、Aコースラン!
正方向も逆方向も面白いです、ここ!!
私は過去、伊那の走行会は全部4駆でした。エボ2、3、4、6、7と2年に一度は走っています。おぼろげな記憶だと「1コーナーからスピードオーバー、踏んでいるうちに安定、ラインついてハーフ、弱アンダー」のように正コースの車両の動きは体に入っていました。

違う!シルビアは違うんです。

「1コーナーからスピードオーバー、よたよたオーバー、騙しながらラインついてケツがぐずってオーバーオーバーぐずって超オーバー」まさに全開できないパワー地獄(笑)。

ちなみにこのシルビアS15、ブースト1.2、340馬力4000rpmで最大トルク50k。
このベラボーなコンピュータのMAPは私が書きました(笑)。パワーFCは好みによってトルクの出方、パワーの出方をきちんと書くことができるのでこれまた楽しい道具のひとつなんですよ。
>B車両&サーキットの皆さん!!
しかしこのパワー、場所と車によっては案外邪魔もしたりします。ブーストを下げればいい話なんですが、まだ車を把握できていないので、自分の技術向上のつもりでアクセルコントロールしています。
足は前回とは考え方を変え、限界を一気に上げたテンダー6K直巻き9Kのツインスプリングをチョイス。これが幸いしました。もちろんホイールスピンは起こりますがオフにしなくてもアクセル踏み方向で消せるのです!リア足ドンピシャ!!でもこの足はドリフトのコントロールには向きません。この車のオーバーステアはパワーから来るものなので、足自体は亨氏仕様とはクセが違うもののアンダー方向となるからです。

逆方向はインストラクターの岩田さんランサーの隣でコースを知り尽くした気持ちよい全開具合に酔いしれ、「そだよなぁ。これが本当の全開だよなぁ」とつい先月までランサーで同じクラスを走っていたことも忘れて感動していました。(笑)

で、Bパレット!
こちらはサイドターン練習だったのですが「5秒アタック」なる面白いゲームが開催されていました。ルールは単純。スタートして1本のパイロンを180度ターンしてゴールするだけのもの。でもこれがまた燃えるんです!(笑)タイムが出ないとパターン練習場に練習に行っちゃってからまた戻ってきてアタックするぐらいですから!!って私だけかな?と思いきやみんなそうでした。(笑)。さすがジムカニアン、みんな勝負師です。ちなみに私が3.56秒。この日のベストはFFのインストラクターが出した3.22秒だそうですからまあまあかな。長野のFRの皆さん、これ破るの当たり前だからねっ!(笑)
ただ、このときは前後ともサーキットパット&午後から履き替えた1部山のSタイヤ(パターン練習を想定して←単に他に持っていなかったとも言う)。どうしても荷重移動が難しいのとトラクションが稼げなくて上手く立ち上げられず悔しくてたくさんチャレンジ!回った回った。体力オーバー、疲れた!

サーキットランも基礎練習もできて大満足の1日でした。
長野選手会の皆様、準備から仕切りから大変お疲れ様でした。
12/7 忙すぃ(亨氏と大槻は!)笑 .....。

亨氏のモノになったエボ7は全くN車に戻す暇がなく、大槻氏のFDはRマジックさんから「もう少し」らしいという連絡があった。

毎日ダクダクで仕事をしてぐったりしている2人に「お疲れ様ぁ! ご苦労様ぁ!」と言いつつ2人の手があきそうになるとシルビアのLSDを今までの亨氏より弱めの6k付近にしてもらい、リアの足回りをピロアッパーマウントに替え、スプリングを8Kの直巻きにして、ついでに1、2速をオーバーホールしてもらった。(亨氏の仕様はMZをRS化しイニシャル12k、ゴムアッパーマウント、バリアブルスプリング6Kでした。)

本人達が「あ、やらされてるっ!」と気づかれないように「シルビアなんだけどさぁ...」と相談を持ちかけセッティングしてもらうのは一種ドギドキ感がありますね。いつもは嫌がられるので作業代払ってやってもらってますから!(笑)それが今回は疲れていて思考回路が壊れているらしく、作業の合い間合い間に2人ともいじってくれます。普通のときなら自分達の車があると全く私のはチューニングしてもらえないので、これは忙しいことに感謝!!(笑)でも2人とも疲れててちと可愛そうではあります。

んで、行った筑波ジムカーナ練習会。(そんなに忙しいのに走りに行くかっ!?)

タイムを出す走りを目指そうとしたのに...1日ドリフト楽しんでしまいました!あららっ何かが違う......。スプリングチョイス失敗か!

というわけで、今度はリアスプリングをテンダー9kにし伊那のサーキット走行に行ってきます! 
11/28 夕べはチームの忘年会がありました。

TTではバリバリ全日本を目指して走り込む「チームBIG MOON」とレギュラータイヤで純粋にビギナーズラックを楽しむ「チームプッチMOON」という2つのチームがあります。それぞれの役割を担って活動していますがこうした「みんなで楽しいこと」はいつも一緒です。

今年は随分メンバーが若返り雰囲気がガラリと変わりました。だって飲み会の席で車の話がほとんど出ず、彼女が欲しい人ばかりなんだもの....(苦笑)。

こんな若い独身の車好きな男性がいっぱいいます!いい奴ばかりですからストーカーの心配はありません。(謎)

これを読んだ車好きの独身の女性の方!車持ってなくてもいいから良かったらチームに遊びに来ませんか!!(笑)
11/18 TT練習会、初シルビア!
書きたいことはたくさんあるのですが....いっぱい書きたいんですが!!!!

セッティングも私好みじゃないし、タイヤも拾ったのがフロントに逆履きで入れてあったし、不満ももういっぱいあるわけです。

だけど、もう単純に感想は「楽しい」「嬉しい」

4駆に2年も乗って、上手く乗るのはムリだと思ってました。(実際違和感。大)
でも「私はSWの経験あるし、動きさえ思い出せれば限界が低いリア駆動だし!」と少しナメテマシタ。簡単に1Gで横を向くだろうと!..........

とんでもない!

亨氏の仕様はメチャメチャアンダーでした。絶対にブレーキングドリフトは起こり得ないほどです。関越のコーナリングでリアを出していたのは亨氏のわざだったわけです。(汗)
何トライも頑張ってコーナー中にホイールスピンを誘発させてみました。でも車が縦に向くともうタイヤが喰ってくる。フルカウンタードリフトに持ち込むのはリアがSタイヤでは至難の業でした。

そこであっさりドリフトの練習に見切りをつけ(早っ!)、ジムカーナ走行にスイッチ。するとスタート以外は普通にトラクションがあるんです。エンジンの低速トルクもある。
しかもランサーと比べてもSW20と比べても、車の特性に乗り手に対する大らかさが感じられました。挙動のひとつひとつにドライバーに対して「貴方はこれをどうします?」と問い掛けてくる懐の大きさ。操作で追い詰められないというのは「ヌルイ」って事かも知れないんですが
スピードを落とさずに向きを変える努力をしているうちにどんどん挙動に綱渡り的な面白さが加わって行きます。

自分が奴をコントロールしてやってるんだ!自分が上手くなれば奴はもっと速く走る!
たった1日でもうシルビアに夢中です!!次はいつ走ろう!(うっ単純、笑)

ちなみに私の!ランサーに乗り込んだ亨氏、最初はチーム員のネオバはいているランサーとタイムが同じでショツクを受けてました。今回ランサーにはかしているタイヤは4年前の1部山のA048のSで、何度も裏履きして私が大事に使ってたものです。タイヤを買えない私は8月からずっとこのタイヤで練習していたのです。文句言うなー(笑)!!

と!「なんだこれ、フロントデフは引かねー、リアデフは弱すぎて回らねー、こんなんで試合出てたの?勝負捨ててるねー。」
ゆ!「だって年に1度しか直してあげないって言われてたから、あきらめてたんだよ!」
と!「あーあ、頭悪すぎ。1シーズン無駄に走りやがって!直してやったのに」
ゆ!「まじっ?」
この会話の後はめちゃ喧嘩!!古いチーム員達からは「また始まったよ」とばかり「ほれ、やめなさい、みっともない」と注意され、もうお互いプイッて感じ!!

だってだって.....
今更言うな〜(怒)!!!
11/15 G6フェスティバル楽しかったぁ〜♪♪でももちろんオフィシャルです(涙)。岡野さん作のコースは走りたかったなぁ。
私の仕事はDジャックの和美さんと一緒に「御菓子すくい」。
小さなスコップでザクザク御菓子をすくってもらう係なんですが、アルファ社長曰く「祐子さんの天職」?

「おらおら手が触っちゃだめだよー」
「ずるはダメっ」
「欲張ると落ちちゃうよぉ〜」
なんて勝手に仕切ってチビッ子にはおまけしちゃったり、うるさい親父からは取っちゃったりとエコヒイキバリバリ。
でも楽しいのは、ほとんどの人が真剣に御菓子をすくう事です。(笑)
よくよく考えてみりゃいつでも買えるのに、狙ったさいころキャラメルが上手くすくえなくてうなったり、長いウマカ棒が邪魔してクッキーが取れなかったり、しまいにゃ御菓子は粉々だっ!

もちろん、大抽選会は一番盛り上がりました!これも真剣だっ!!(笑)

G6開催から4年間一度も各ショップの抽選すら当たらずにいる有名人2名のうち、敗者復活抽選会の最後の方でレトルトカレーがもらえたときの満面の笑みはこちらも万歳するほど嬉しかったです。ね。森田さんっ!あと1名は来年こそすんごいの当たりますよ、きっと!(笑)

あ、全く走りの話してませんねぇ。実は見てませんでした..........。
11/8 昨日は群馬関越スポーツランドでJAFカップ!
当チームからは4台出場。カートコースからハイスピードでGをかけながら飛び出してきていろいろな角度の複合パイロンコース。本日VDで見て中々のレイアウトでした。いつも欲を言えば!と思うんですが、270度以上のターンがあればもっと楽しかったかな?なんて走ってないモノは多々思うわけです。

しっかし今日は眠たいのであった!

実は同日神奈川フェスティバルが千葉浅間台で開催されており、チーム員のエボ6が転倒しちゃいました。救急車で運ばれたと連絡が入り、1人お店番をしていた私はパニックに!!
JAFカップエントリー組に大至急連絡すると亨氏が2トライ目走り終わったら車の引き取り後病院に直行するとのこと。(亨氏はゼッケン2番でした)
そんなことが頭にあるからか?亨氏、邪念無く走れたとの事で2位。車両保管中にカタ付けもみんなにお願いし、とるものも取らずに積載に飛び乗って千葉へ向かったとの事。その間運良く、チームの子は大事にいたらずすぐに会場に戻ってきたと連絡が入り、とりあえずほっ!どっと汗をかく。
その後、お店に見事ひしゃげたエボ6が到着したのは8:00PM。

すぐにエルフを空荷にし関越にGO、亨氏のS15と大槻氏のFDをとりに行きました。
さすがに試合と長距離運転でへばった亨氏は助手席で爆睡。代わってJAFカップに出られなかったうさをエルフにぶつけて私が全開だ!(笑)。
到着!!ああ、寂しいものです。真夜中のジムカーナ場って!(笑)
しかも今日大きな試合がここであったんだなぁと思うと「ツワモノどもも夢の後」ってしみじみ思いましたよ。関が原で戦国時代に思いをはせるような感じかな!?う〜ん、ロマンっ!!(笑)

そしてお店に帰ってきたのが2:00AM。自宅に帰ったら3:00AM。

日が変わり、今朝はドライバー絶不調(笑)、大槻会長のFDを来年規定のSA車にすべくRマジックさんに預けに行きました。
他のドライバーの皆さんはどうするんでしょうかね?来年の全日本ジムカーナのN車はNSXがかなり増えるようです。まさに山野てっちゃん効果ですね!!
しかし、一般のジムカーナの感覚からは全日本ってもう隔絶した世界になりつつあるようで「裾野の広がらないモータースポーツ」の縮図を見ているような気がしてなりませぬ。
いいのか!?これで??ジムカーナって何!!!

....って訳で、私は今日はとても眠いんです。....
11/1 そして突然4駆最後の試合、ミドル最終戦。
コースレイアウトは茨中としてはかなりの力技。サイドターンの複雑さというよりトリッキーなパイロン配置でまさに「最終戦にふさわしくオフシーズンにトラウマの残るレイアウト(某エグゼ氏)」。う〜、やらしいぜ、親父!!(笑)

タイヤ交換しようとジャッキアップしたら前後ともタイヤがするする回ってホイールが外れない!お〜〜この期に及んでLSDまで前後ともイカレたか!(笑)
スカスカLSDでも雨ならターンぐらい回せるだろうと雨乞いしていたら横で亨氏が晴乞いをしている。う〜ん、夫婦仲も噛み合わない!

1本目脱輪!!
あんなに気をつけてゆっくり360度ターンを引きつけたのにサイドを引くタイミングを先のN車クラスで見ていたエボ6と同じところで引いてしまった!!全長長いんだよ、エボ7!「ドコンッ」オーイエイ!!
2本目。
脱輪したターンを今度こそ!!と進入。車速ダカクバッチリ!ヨッシ!!
「...........。」
ただの操作ミスでターンで止まってしまいました。

こうして私の2年間の4駆生活はあえなく終了。帰りの車ではあんな雨の中でパイロンタッチはしたもののSWやインテグラを相手にシルビアで幻のベストタイムを叩き出した亨氏はもはや誰も手がつけられないぐらい絶好調で「でもパイロンじゃん」と言い返す元気も無く、いろいろなことを考えてぼーっとしておりました。

練習ではこういうミスがほとんど無いのです。必ず試合でミスが出る....

試合では練習した内容を心に余裕をもって表現できないと成績にはつながりませんね。その心の練習が私には足りないのでしょう。来年はシリーズを追えないのでどうやってこの部分を強くしようかなあ。なぁんてくよくよしていました。

あ、もう今日はくよくよしていません。なんつっても私の「シルビア」が今週末はJAFカップに出場するんですから!!良く磨かないと!!(笑)
10/25 TT会議。
ゆ!「さてと、売上が足りません!」
亨氏「....。」
大槻氏「あははははっ!」
.....終了。

来年の全日本、地区戦、ミドル、県戦、G6、筑ビとTTのスタッフとお客様達がエントリーする試合日程が漠然とついたのでスタッフの出る試合を決めるのが会議です。

大槻氏は来年、ほぼ全面的にRマジックさんの支援を受けてSA車両で全日本を追う事となりました。その手前、私も昨年や今年のように行けるところだけVD隊としてついていくのではなく、TTとしてRマジックさんと共に完全サポート隊として行く事が決定となりました。そうなると私のジムカーナの試合、亨氏の試合の割りふりが難しくなってきます。

亨氏は今年取り損ねたミドルチャンプをシルビアでもう一度!と思っていましたし、私も2年がかりでやっと面白くなってきたエボ7で、自分のレベルに合わせてきちんと県戦からやり直そうと思っていた矢先だったので、まず突き当たったのがシリーズの日程。

全日本が県戦やミドルとのバッティングを考えるわけがなくほぼバッティング。その点、地区戦は全日本選手と重なる人も多いのでバッティングが少ない。私では地区戦は歯が立たない。そうなると.....。

大槻氏「じゃ、稲木さんそろそろ4駆で地区戦戻りますか?APEXとのドライバー契約も今年で切れますし。」
亨氏「でもまだS15、上手く乗れてませんよ?」
「グリップ走行の考え方はできたんじゃないですか?」
(亨氏はグリップ走行が苦手なために大槻氏にFRで修行させられていたのです)
「じゃ、エボ7をN車にもどしますか?類別型式無いのでロールバーでも入れましょう。」
「決まりましたね。」
「決まりましたね。」

ゆ!「おいおいおいおいおい、私は私は私は?????」

「ゆ!は、SW20の時に忘れ物をしているのでそれをシルビアで練習しなさい!シルビアなら俺でも教えられるから!」
「俺はシルビアでもランサーでもそれはできるから!(笑)」
(上記会議、最近近所に出来たラーメン屋「一鶏堂」にて)

忘れ物=3速以上からコントロールする高速ドリフトの事です。
SW20の時は難しくて2速までのコントロールがやっとでした。弱カウンターのつもりがフルカウンターでそのまま納めることができなかったり......。そのドリフトのヘタさが今の技術の無さとつながっているんですね、わかってました。あいたたたっ!

来期は予期もしなかったことですがいきなりS15乗りになります!!
10/23 つまんない日が続く...。

あ、前回のミドルはセッティング変更のイメージはあったのですが結局ドライビングミスでフロントロックしてしまい、直前のパイロン回避はしたのですが曲げるのが後手に回り、違うパイロンを正面から食らってお粗末さまでした。つまんないっ!

JMRCオールスター!!
今年は対象から外れてしまいました。トホホッ。つまんないっ!!
(2年連続ジュニアチャンプだったのに....でもシニア?とも言われている)

亨氏はなんだかコースレイアウトにやられておらおら走ってました。今回はカートコースなのに面白いところにパイロンありましたね。主催者えらいっ!ターンがあればもっと良かった!とりあえずいいコースでした、パチパチッ!!

健康診断。男連中2人とも完全に成人病です。大槻氏は「肝臓過栄養」=ふぉあぐら?亨氏は「心電図異常」=狭心症疑い...あら、やばいっ!私は....。全てがメチャメチャ健康です。
ちょっとつまんない!!!(笑)

来週はミドル最終戦。
翌週はJAFカップですね!!

当ショップからは大槻氏が全日本から技のN車クラス、亨氏がミドルからハイチューニング車のBクラスにそれぞれエントリーされています。チーム員からは地区チャンプ、関東の技を見せる萩原君がN3、ミドルLクラスから五島さんがエントリーされています。頑張れTT軍団!関東の皆さん、応援よろしくお願いします!!
私?.....選考漏れでお店番!!(昨年は覇者でもこのテイタラク!)
つまんなぁ〜〜〜いっ!!!!
10/9 ただ今、17:00!
前代未聞の台風22号は横殴りの雨風雷!空からはゴウゴウと嵐の不気味な風のうなりが響いている。お店の中にいるのに遭難した気分!!
作業をお待ちのお客様も、座っていられずにずっと窓際に立って空を見ている。

この台風、気象現象で人生初めて「怖い」と思った!

今日、神奈川戦とミドル戦の前日練習があったはずなんだけどみんな無事かな...。心配!
10/7 ミドルも終盤になりさてさてとのんびりしていると、突然エボ7のセッティングを大幅に変更させられた。雨の心配もあるこんな秋になってからの足回りの仕様変更。
「より硬いスプリング、メチャ効くパット、パワーFCでの低速トルクの作成」
なんで今更リセッティングなんだよぉ〜んっっっっ!

実は先日行われた「エボ珍杯」なるニューズ出版さんの雑誌の企画をお手伝いに行ったときに
TTのエボ7も試走に使われた。私と亨氏で試走したのだが後で聞くと私と亨氏のタイムが変わらなかったらしいのです。そこで氏激怒。曰く「セッティングが違えばもっとタイムが出せるはず」
タイムが一緒では相当イヤなのでしょう(笑)。

そして私が大槻氏のサポートで不在の全日本戦のあたりに、エボ7は亨氏の好みに足回りやパットタイミングを作り直されてしまったようです。

そんなタイミングの中、昨日Aレーシングさんの練習会にお邪魔しました。亨氏、「乗せてみろ」のたった1本で私の3トライ中のベストタイムが1秒半もひっくり返されてしまいました。(泣)

しかも私にゃ、なんて乗りにくいんだ!!この効きすぎるフロントパットどないしてくれるんや!!と何故か大阪弁で罵りつつも「奴が出せるならタイム出さにゃならんっ」と鼻息荒く奮起!

ところがああ、フロントロック!足カタイッ!!う〜、くじけるもんか曲げてやるっ!とやっているうちにダンダン無口になっていく自分。しまいには大槻氏に「運転が荒過ぎて何もかもダメ」と言われ全くぐぅ〜の音も出ず、その場を離れて1人涙...。今年は面白おかしく走っていたのにまさかこんな土壇場でドライビングの力量を思い知らされるとは思ってもいませんでした。

.....今週末のミドル、無事に完走できますようにみなさんのパワーをください!
10/4 TTでは毎年健康診断を行っています。3人とも担当がバラバラなので1人1人の健康が何より大事。

今年は3人共同じ年代となったため(誰もこの件に突っ込みを入れてはいけません。汗)、日帰り人間ドッグなるものを病院に受けに行きました。ちなみに私の元の職業は検査技師。保健婦さんもできます。だから内情を知り尽くしているが上に自分が検診されるのは大大大嫌いです。

いつもの検診の血液検査やバリウムレントゲンの他に臨床検査的な内容が増えました。
心電図、超音波、フロージングボリューム(肺活量です)、直腸触診.....

直腸触診!?
....3人とも検査が終わった後の情けなさったら無かったです。顔を合わせたときの、もう情けなくてあの諦めにも似たがっかりした気分...。笑う顔に力なし(笑)。
最近の健康診断は最後の問診の時には既に血液検査等、結果出ちゃってるんですよ!そして3人とも同じ事を言われました。
「内臓に脂肪がかなりついてますね、コレステロールが高いです。」

TTのお昼ごはんは、私が作っているんです...(冷汗)。
9/27 26日には全日本ジムカーナ最終戦が行われました。
筑波は朝からあいにくの冷たい雨。最終戦までポイントのもつれたクラスが多いので天気がよければ最高だったんですけどね...。雨の中では楽しさ半減です。
大槻氏は昨年この筑波1000で初優勝しましたし、ターンがあれば稼げるかも!!と期待をもって今回望んでいたのですが、前日コース図をもらって絶句。パイロンは要所要所に置いてありますが2駆でサイドが必要な場所は好みはあれどまずない...。正コース並みの単純なサーキットトライアルでした。ジムカーナは360度ターンが見せ場とプログラムにも書いてあるのになぁ。(苦笑)

1トライ目は降っていた雨がN3クラス、大槻氏の2台後から突然の土砂降りに!
雨だと車の調子の差が出ずらいので、助けられた!
なんとタイムはNSX山野テッチャンの0.4秒落ちの2番手だ!!

これは久々嬉しかったです。

ただ、予報で午後は天気が快復方向なのを知っていましたから、そのつかの間の喜びを「嬉しい」と素直に感じることだけがささやかな喜びでした?(笑)
2トライ目。予報どおり雨は上がる。
軒並み全員2秒以上タイムアップをしている中、大槻氏だけがミスも無いのにタイムを上げることが出来ませんでした。プレッシャーですかねぇ。今年勝てない自分への不信感でしょうかねぇ。

今年は本当にFD君は受難の年でした。
実は金曜日にもオイル漏れのトラブルをかかえ、夜MKスポーツさんの(森田勝也師匠!ありがとうっっっ!!)ピットを借りて直していたのです。大事な車が本調子じゃないと試合でのライバルとのタイム差を考えるともう超落ち込みスパイラル状態に陥っていくんじゃないでしょうか。
だから気持ちはわかります。
「1トライ目のタイムの出た走りをするしか無かったのかな!?」と。

ジムカーナって実は相当深い、メンタルなスポーツなんですね。3日間ラインだブレーキングだとわいのわいの夢中で検証してきて、結局はそれよりも深いところにタイムがある。
うん、やっぱり車を動かすのは面白いっ!!

最終戦まで全部全日本を追ったチーム員のN2佐藤さん、1年間お疲れ様!シリーズも1桁に残った!今まで地区戦も全部追えた事が無いというハンデもある中、良くがんばったなぁとつくづく思うのです。

ひょんなことからTTでダンパーの面倒を見ている永島君。毎戦毎戦 野宿で頑張り、とうとうS1クラス非力なSA車のCRXで優勝を遂げました。どんどん成長していくのを今年1年目の当たりに見てきてその努力に脱帽です!

といろいろ感慨にふけっとりましたが、やっとこれで自分の試合に集中できるわけで、もりもり走りたくなってきたぞん!!(笑)
9/14 9/12ミドル戦。
成績はめいっぱい走って、もう今の私自身の限界(9位...)。だから楽しく走れました。満足しています。亨氏はちとレイアウトにやられてシルビアには苦しいコース展開となりましたがそれでも6位入賞にもぐりこみました。でも今回も2人とも冴えなかったなぁ(笑)!

ところで一体いつから私は表彰式の「Lクラスの水かけババア」になってしまったのかしら...?
ちょっと前までは小林由佳ゾウや大熊マホゾウがババア筆頭だったのに!(笑)
本当は表彰式の時はゆっくりとみんなの表彰を拍手で祝福してあげたいのよ!
それなのにっなのにっ!!
今回はやめようと心に誓っているところへ

私のために
「カッパまで」用意してくれて
私のために
「バケツに水組んできて炭酸水まで入れてくれて」
私のために
アナウンサー「あくちゅ」から見えないように死角を作ってくれて
私のために
「今日はどうしますか?」
なんてみんな、集まってくれて....。

これはもう天や神様や阿保和美やその他エントラントの皆様が私に「やれ!」と言っているに違いないのです。だから私はイヤイヤやってるんです!あくちゅアナのTシャツだって「ぬがしちゃおっ」って誰かが言ったので仕方なくちょっと手を出しただけなんです。しかもどうせビチョビチョで気持ち悪いだろうから早く脱がせてあげようと優しい気持ちで暴れるあくちゅアナに蹴りまでくれて動きを止め、急いで脱がせてあげたんです!ああ、きっとみんなは私のこの優しい気持ちを理解してくれているはずですよね!!(笑)
「仁義なき戦い!」
9/6 全日本のギャラリー席で、走る車を眺めている私は「なにそんな怖い顔して見てるの!?」とたくさんの人にからかわれました(笑)!お、お恥ずかしい!!実は私、頭の中で自分も走ってるんです。(笑笑)ただ、走行を自分の姿と重ねあわせると「あ!そんなとこでもう向き換えるの?ああ!速っ」なんててんでイメージでもついて行けてませんけどね(笑)

今私の走っている関東地区ではJAF戦、JMRC戦とほとんどエボZ、[が走行していません。
こちらの地区はエボYがメインです。

基本的にはエボZはYと同じ車であっても、あの長いホイールベースのせいで小さなレイアウトではグリップ走行がYよりも遅れる。しかも私の車はACD機能はなく、ハードビスカスが入っているので、ただでさえきちんと荷重移動しなければ曲がらない。
たくさんずんぐりむっくりしたZや[の走っている全日本はラインや向きの変え方の唯一の私の勉強場なんです。ACDの動きもなんとか機械式LSDのバランスで近いものにできないかなとか考えたり....。
やっと大槻氏の車が普通に走るようになったので、安心して4駆のクラスを見る余裕ができ、今回の全日本はやっとお楽しみのひと時をもらえました。
コースなんですが、欲を言えばターンセクションぐらいは欲しいなぁ。
ジムカニアンにターンが無い?全日本ジムカーナって一体何のカテゴリーやら...。

それはそうと大槻氏は実は変でした。

せっかく車が直っているのに、何かとりつかれていた物がすっとなくなってしまったような走りです。気が抜けた走りっていうか....。
でも本人はいつもと変わらないと言うので、土曜日の公開練習は深く考えませんでした。
それが、試合1トライ目に、いつもならミスしてもアクセルは抜かないはずの大槻氏がリカバリーできる車速なのに「ボフッ」とアクセルオフしたのです!

思わずVDを持っている手が下がってしまいそうに呆然としました。ありえない!

2トライ目は気合を入れ直しいつもの走りに戻っていましたが、その気持ちが1トライ目からあったらせっかく70%の確立の雨ももった事だし、2トライ目は気持ちよくイケイケだったはずなのに...。
いろいろありますね-。まさにメンタルが左右するスポーツなんですね。結果は8位でした。

チーム員の佐藤さんはパイロンタッチでタイムは3番手ながら8位。

攻めた結果のパイロンタッチは本人も応援も納得できます。同じ8番でも内容が伴わないのは見ていても辛いものです。いつもと変わらないと言っている本人がもしかしたら抜け出せない壁にぶち当たってモンモンとしているのかも知れませんが....。
泣いても笑っても全日本、残すは筑波の最終戦!気持ちをしっかり持ってくれっ。

今回、私のマブ達(Lの世界じゃ泣く子も黙る...笑)治子嬢が全日本S3クラスにデビューしました!このクラスじゃ、力量が問われます!!(車の)
がんばれっーー!!踏め踏め!!!!
果敢にそして冷静に攻めている姿は応援していて力が入りました!すごく興奮した(笑)。
そして思った。
「全日本で走る自分!」いいなぁ!なりたいなぁ!!(笑)
9/2 8/31日は大槻氏、鈴鹿でヨコハマタイヤさんのタイヤテスト(...という名の練習会!?)。FD君はナラシの甲斐あって??タイムを視野に入れて練習できたとの事。ああ、やっと普通の速さで走れるのね!!っておいおい、もう最終戦だよっ!(笑)で、鈴鹿から翌日のTT練習会、富士スピードウェイに眠そうに直行です。

私はというとエボZのかからないブーストをなんとかしようと、アクチエータを気休めに交換。練習会はひたすらパワーFCのセッティングに励む。

ブーストかける、フューエルカット。A/F攻める、逆に上のトルク感が薄くなる。ブースト下げる、...遅っ!!カルマン周波数調整する、あああノッキングがぁぁぁぁぁっ!!!

...とマル1日発狂した結果、どうにかこうにか今のへたれたタービンでもオーバーシュート1.6、維持1.3まで調整終了。ただ、やはり生きているタービンのようなふけ上がりレスポンスには欠けるし低速は以前よりもパンチが無い。でもいいのいいの。私はまだ自分で作れるからお金もかからないんだし!と自分に言い聞かせて今年はタービン交換は我慢です。でも、とりあえず見た目に遅くはなくなった!次戦には車の遅さは気にしなくてすみそうです。

そんな2台とウラハラに亨氏S15は今まさに絶好調。恐ろしいまでの低速トルク!(ってリア駆動には時にはかなり邪魔なんじゃ...汗)本当はもっと足のセッティングを考えたいところですが、何しろトラクションの無いシルビア。関越スポーツランドを走るにはこのギュッ〜〜と沈んでぐぁぁぁと伸びる足がかなりドライバーを助けてくれるのだそうです。シルビア乗りにしかわからない悩みだね、こりゃ!!

ここのところ忙しかったので、3人ともやっぱり走ることが いい息抜きになりました(笑)。
8/27 いつもは閑散期でのんびり自分の車をいじり倒している時期なのに、今年は何故か忙しい。
毎日毎日てんてこ舞い、全員ジムカーナやりたいっ!ッテ事まで忘れて毎日お仕事。新車が出ず、車が痛み出していることと今日日のストリートラジアルも含むハイグリップタイヤでのダメージの相乗効果なんでしょうね。続々と駆動系の痛んだ車が入院してきます。皆さんにお願い!痛んでいるのがわかったらすぐにメンテナンスしちゃってください!1箇所の駆動系の痛みは癌みたいなもので他にも負担がかかっています。1箇所のメンテですめば安く早くすむんだから!お願いっ!!

さてさて、大槻FD号。Rマジック病院から退院です。

前回の全日本ジムカーナは、北海道から三井まで期間が無かったので配管の点検及び、エンジンまわり、タービン周りを点検清掃していただいただけだったのです。いくらブーストがかかったとはいえ、やはり車は遅いままでした。
今回は三井から鈴鹿まで1ヶ月半あるので、エンジンのアペックスシールをもう一度3枚のものに交換していただきました。それと言うのも現在FD3SはRX8と共通の2枚シールの共通部品とされてしまっているのだそうです。6月のオーバーホール時にそれで2枚のシールに交換していたのですが、サホロでエンジンがぶっ飛んだ理由が、もしかしたらまだ当たりがついていないエンジンにサホロのコースのアップダウンで2枚シールには耐えられない高負荷がかかったのが原因なのか!?とも思えるそうで、不安原因のシールを3枚の元に戻した(現在は手に入れるのは不可能)ということです。Rマジックさんもおっしゃってましたが「きちんとCPUが現車合わせされていればこんなことでは壊れない」ということで、CPUがノーマルなN車規定には辛いところです。オーナーに言わせると「こんなことで壊れるロータリーってかわいい♪」らしい...

で、またナラシを甘く考えている大槻氏に監視役でつきあい、定休日にFDでドライブへ出ました。「今回はシールだけだから500kmぐらいでいいよ」と言われていたので気も楽です。

一般道を朝から走って山梨県のど真ん中でお昼。
大槻氏、看板発見!
「一流ホテルで修行したシェフの一押しハヤシライス!」

シェフの横顔の写真と料理をしている風景。ワイングラスを傾けたモデルの女性。「女性1名様から複数のパーティまで承ります」とある。
どーですか?いいじゃないですか!?いつもコンビニだしっ!!と珍しく意見が合い、わくわくしながらそのレストランの入っているとおぼしきホテルへ向かう。
見えた。
「?」
ラブホテルみたいだねぇ.....
あ、でもレストランじゃない?あのバルコニー!!

大通りからふいっとそれてホテルへの小道に入る。道がくねくねと細くなる。
高架橋の下をくぐったらいきなりホテルの玄関に出た!ありゃ???
駐車場に止めてある車はみんなナンバー隠してるし、玄関はモザイクで!!

大槻氏「あわわわっ!」と、ばたばたステアリングを切り出口を模索。「うわっ、ラブホだよ、やべーこんな派手な車で来ちゃったよ。おまえ乗ってるから誰かに見られたら不倫だって思われちゃうよ!」とわぁわぁわめいている。(誰とこんなところで合うんだよっと心で突っ込みを入れる)

ホテルの出口の看板にこう書いてあった。
「一流のシェフの料理がルームサービスで食べられる。1名様、女性同士でも複数も入室できます」
あははは!紛れもなくラブホテル。しかもある意味普通じゃありません(笑)。
ちなみにバルコニーに見えたのはテラス風の各個室のアレンジだったようです。

こんな寄り道で更にお腹はぺこぺこ。
もう「小洒落たおいしいもの」なんて幻想は吹っ飛び、その辺のカッパ寿司で済ませてしまいました。それが涙が出るぐらいおいしかった(貧)!そんでも、よくよく考えてみれば北海道のナラシよりは100倍もマシ!人間、過酷な経験が広い心を育てます(笑)。
山梨から静岡に出て伊豆から箱根へ抜け、お店に帰ったら499キロだそうな!
あと1キロ!私なら走る!!
でも大槻氏はOKOKと車を片付けました。これ、みなさんならどうしますか!?(笑)

来週はいよいよ全日本鈴鹿。FDは今シーズン初(笑)、ちゃんと走るようになりました。あとは大槻氏の腕を信じるところです!
8/23 久々の試合がとても嬉しいです。
なのに丁寧に走ろう!と思ったらアクセルまで丁寧に踏んでしまった!(汗)
アカンです....。全部タービンのへたりのせいにしてしまいましょう!(苦〜〜〜)
BS2クラスの亨氏にタイム負けちゃって、テングの亨氏に家庭内不穏....
8/14 みなさぁん!お盆休み、楽しくお過ごしですかぁ〜?

今週は定休日に関越のATMさんの練習会にお邪魔したのと昨日のTT練習会でストレス発散!パイロンコースを満喫しました。それはとても楽しいことだったのですが、とうとうブーストが1.3オーバーシュートまで落ちてしまいました。(涙)維持が0.9〜1.1。
みなさん、このブーストすごく高いと思うでしょ?ランエボ6以降はどノーマル車が1.3なんです。
エボ7は1.2です。私の車はこれじゃノーマルだぁ....B車なのに〜〜グスン。
どうやらタービンがへたってアクチエータもへたって完全にへたったのでしょう。パワーFCでオーバーシュート1.9の維持1.7までブースト上がってましたから、へたりが来ても当然なんですがこんなシーズン中にへたるなんて。行いが悪いのかしら...。あ、悪い。身に覚えがあります。(汗)

共販はお盆休み。タービンは高くて買えないし、せめてアクチエータだけでも....と思うのですが、今週末のミドルはかなり不安をかかえて迎えることになっちまいました。
8/8 本日亨氏は地元南足柄市の「金太郎祭り」役員。(笑)
大槻氏は神奈川戦の試走(意外かも知れませんが県戦初試走です)に相模湖にお出かけ。
2人ともいないので作業はお休みです。
お盆休み前なので来客数も少なく、おかげさまで苦手で大嫌いな経理仕事をやっと片付けることができました!
男ドモ2人がいないお店って自由だわっ!のびのびだわっ♪
何せ私はどんなに仕事をしていても所詮は机上。
「暑い〜、お茶!」「見積もり作っといて!」「トイレットペーパーないよ」「お昼まだぁ?」という声にひっきりなしに仕事は中断。いらいらしてると「もう年だからいらいらするとお肌に悪いよ」と神経を逆なでするような言葉。「デリカしい」の無い人達と仕事をするのは苦痛だわよ!!

夜、神奈川戦組がどどどどっとお店に帰ってきました。
チーム員の1人がクローズドクラスでチャンプ決定!一生懸命練習しているのが報われる、嬉しい瞬間ですね。
今回のコースは相模湖ならではのコッテコテ。ほとんど1速のサイドターン命のコースで、最近全日本のカートコースばかり見ていてかなり食傷気味だった私にはすごく新鮮な懐かしい「ジムカーナ」を見た気がしました。プログラムには往年の「20年間の相模湖チャリティー参加ドライバー」なるものがズラリと名前を連ねていてそれもめちゃめちゃ懐かしかったです。
その「懐かしい!」と言ってしまった自分の言葉にちょっと愕然としちゃいました!と、いうのも自分はまだまだ駆け出しだと思ってますから!
はじめた頃は県戦追いながら「早く卒業して上の試合に出たい....!」とそればかり目標に練習をがんばったものでした。今は焼けるのが怖い!!(笑)

でもね、夏は暑くてタイヤも減りますがグリップ感を自分に養うにはいい季節なんです。
暑い日が続きますが練習しましょうね!試合に勝つにはまず「自分」です!!

さて。
勝てない私も、今週は久々練習週間です!!
8/3 怒涛の7月が終わった....

いっぱいいろいろな出来事があったのにもう思い出すにも白いもやがかかっていてかなり断片的。毎日時間に追われて追われて気がついたらやけでビール飲みすぎ。



7/18に行われた全日本ジムカーナ九州では2泊6日の生活を貫行。いくらお金がないからってエルフ君3泊はさすがに心が荒みました(泣)。大槻氏、走りは抜群に良かったですよ。ただ、「練習で良かったし人と同じでは今の車の状態では勝てないから!」とフロントに柔らかいコンパウンドをチョイスしたのが失敗。九州としては涼しかったのでしょうが、日が差すと途端に路温50度越え。走りが良くても柔らかいタイヤは容赦なく垂れ、完全作戦ミスでした。その作戦ミスに6日間もふりまわされたのかえっっっっ!と心では泣きながら、エルフ君に寝床を作ると安心できる自分がいて、どうも私もこんな生活が好きなのかも知れません...。

7/25はもう1ヶ月半ぶりの自分の試合。練習なんかしてないし、もう何も考えずに車高だけ下げて車運んで来たって状態。亨氏は結局タービンをあきらめて東名のポンカムだけ入れ、現車あわせだけして来ました。んで、土曜日の一本目。遅い。「あらら、やばい遅さ!」と半ベソで大槻氏に電話して対処を聞くと「おまえ、この前の練習会ノーマルCPUに交換してたやんっ」
....そんなことも忘れてました。この前って5月の事です。私前回のサルクラ、ノーマルCPUで走ってたのね。....とこれもショック。そして本番1本目。走行直前にバッテリーをあげてしまいました。もともともう弱かったんだけど、どうもアクセサリーにしたままうろうろしてしまったらしい。
これも泣きそうになっていたら、前後の心やさしいドライバー達が自分達の走行寸前までつないでくれていました。岩田君、勝又君、片山さん、そしてチーム員の赤津ダンナ、みんな本当にありがとうございました!
んで、いざ1本目。
走り出し、ブレーキを踏むとファァァァァとチェックランプが点灯してくる。「ぎゃぁぁぁぁ!」ってまじに叫びましたよ、大声で!ここでエンジンが止まったらグシャグシャなエボ7のできあがリです!
再加速です。ブレーキポイントで再加速。ターンセクションで再加速。マサに地獄.....。
もう、これは絶対大槻さんのたたりだ!トラブルを私に移すために夜な夜な人形に楔を打っているに違いない!!と確信しつつゴール。
2本目は遊びに来ていた二木君の足車のEGからバッテリーを借りました。それがランサーにつかない!そのバッテリーをチームの兼子さんに移植。兼子さんのバッテリーを亨氏に移植。亨氏のを私のランサーに移植。まさにまさに迷惑のかけまくりです。みなさん本当にごめんなさい!!
一息ついていると隣ゼッケンの岩田君のエンジンから異音が。メタルが逝った!!!

岩田君のおかげで1トライ目リタイアせずにすんだので恩返ししようと、翌日茂木にランサーを取りに行きました。で、まあついでだから松本まで届けようと思ったらついでの距離じゃすみませんでした。(汗)我が南足柄市の家をAM9時に出て茂木を経由し、事故で動かない首都高に見切りをつけて関越道長野道を休み無く走るも、エルフ君は峠が苦手、所詮はNA。ぜぇんぜん目的地が近づきません。諏訪に着いたらPM9時になっていてかえってみなさんに迷惑をかけてしまいました。関東1周 全18時間。850キロ。こんな距離もう目じゃないわっ....私は主婦です(多分)。

明けて27日からはもうG6だ!G6だ!G6だ!!!

私は何も準備ができてないのに、だんだん手際が良くなっているチーム員達がバンバン作業を進めてくれてもう本当に助かりました。こちらはあれやこれやで頭真っ白。準備で大パニック。そして夜中に帰るとビール1本空けて倒れる....というのが前日まで続き、とうとうG6TTラウンドの当日が来てしまいました。始まったと思ったらうわっーうわーっっっと終わり、今やまさに放心状態です。

G6、みなさんに楽しんでもらえたんでしょうか.....。コース、難しかったと思いますがみんな怒ってないかなぁ....。私の「初ネオバどアンダー」の同乗走行に当たったみなさん!悪い見本なので良い子はマネをしないでくださいね。(自粛)
と、いうわけで明日の定休日は本当は和田君主催の関越練習会に行きたかったのですが、1日倒れていると思います。

あ、追伸。
今週末8/8(日)に大槻氏、ルーキーさんの神奈川戦の試走にお邪魔することになりました!
車が遅いのは置いておいて、大槻氏のターンの上手さは必見です。楽しみにしていてくださいね!
7/8 走った。
すごいよすごいよ!あれほどまでに乗りずらかったフロント14kのバネがスイスイ動かせる。
タイヤ?3年前の前後ともつるつる。ダンパーの番テイ?そのまま今まで12Kを使用していたときと一緒。
なのにスプリングレートを硬くしてもブレーキングのGで怪しい動きにならないですよ!補強前はあんなにブレーキにシビアでアンダーを殺すのが大変だったのに!!
なんでこんないいことを今まで知らなかったんだろう!なんて楽しい動きなんだろう!!
びっくりしてたくさんのチーム員のみなさんに乗ってもらいました。それも割とビギナーな皆さんに!!みんな乗りやすい!という。みんな面白い!という。

ボディがこんなに重要だったなんて!

知識はあってもフル補強車実際乗ったことが無かったので、しっかりと補強のありがたさを認識したことがありませんでした。楽しいよー!楽しいよう〜♪
もうパネルボンド、安いし簡単だし絶対おすすめです!
7/5 7/4オープン記念に大商談会とフリーマーケットをお店で開催しました。
今日日のネットオークションや中古パーツ屋さんの発展のせいか、フリーマーケットの出品者やお客様が例年と比べてぐっと減ってしまったのがかなりショツクでした。でもまあ、アットホームなチーム員のみなさんがお祭り騒ぎをしてくれたおかげで楽しく過ごすことができました。
来年は少しビジターの皆さんにも来易いようにイベント性を強くしようかななんて思ってます。

そしてシーズン中なのに1ヶ月走っていない私は「体を作る!」どころか太り気味だ!(笑)

車のスキルアップを狙い、プチボディ補強をしてもらいました。(HP見てね)

フェンダーをはずし、剥き出しになったボディの鉄板の張り合わせ部分ののりをきれいに剥ぎ取り、そこにボンド剤を注入していきます。
それだけのことなんですが、補強としてすごいと思うのは「面で強度が出る」という事ですよ。
スポット増し溶接はしっかりしているけど点だし、熱を入れることで錆びの原因にもなるしなんと言っても溶接は査定が下がります(笑)。
これでぶーんっと待ち乗りに出たところ、アレアレフロントがぐにゃぐにゃするぞ。
実は私、運転下手すぎるぐらい下手なので挙動がきちんと出せるようにCT9Aでは柔らかいフロント12kのスプリングで修行しているのですが、それが違和感がでるぐらいロールを感じるようになってしまったのです!ただの町乗りでハンドル切ってるだけなのに!!亨氏が地区戦の頃使用していた14Kのバネを試しに入れてみると硬くないんです。あららしなやか!
...、と言う事はだよ。
もっと早くパネルボンドやっておけば強いバネでも違和感なかったのかなぁ。
強いバネ....。トラクションを稼ぐのにやはりある程度は強さも必要です。ただ、ターンやコーナーの小さいジムカーナではそんなに必要は感じないと思っていたのですが、それは私が知らなかっただけなのかも知れません。
今のまま、走りたいなぁ。走ってみたい!!うずうずしてます!!!(笑)

大槻氏のFDは九州の全日本の直前までRマジックさんでトラブルの追及。
亨氏は明日から茂木に向かってタービンをAPEXのAX60に交換します。
6/25 FD君。トラブルシューティングでRマジックさんへ直行。
ブーストはすぐかかりました。いろいろな思いが!!
とほほっ....
Rマジックさんは引き続き「慣らしが足りなかったせいなのか」というブローの課題を追求してくれています。

そういえば私の出れなかったミドル、亨氏が勝ちました。
VDで見たけどいいフリーターン決めたものです。惚れ直しちゃうわっ♪(←?)

私はまだ「脱いでもすごい」体には全くなっていないので、このコース見てちよっと走らなくて良かったなんて思ってしまいました。だってフリーターン2つ。多分ゲロ吐いてます。(笑)
亨氏が慣れてきたようなので、ブーストのかかり方をAVC-Rで思い切り攻めこんでみようと思っています。B車は楽しいな!!次のミドルは北ショート!
6/21
北海道7
そして朝からもの食う時しか起きない大槻氏は助手席で1日爆睡。

相変わらずMDの壊れたエルフ君は音楽も無く、ストレスの溜まりまくった私は「全開!おりゃ!エルフ様だ!お、生意気なロングトラツクめ、抜いたるぅぅぅぅ〜〜」などとブヒブヒ言いながら、青森から厚木まで雨の中トラツクを転がして来ましたとさ。延々本州760キロ。もう慣らしは嫌!
おしまい。
6/20
北海道6
1:10
エンジン屋さんから電話。「まだやっていないことがあります。やってみます」
もう富良野まで帰っていた。「そちらまで行きます」という熱意に帰ろうと思っていた心がやる気に変わった。「お願いします!」
2:15
滝川インターで待ち合わせた。インターの灯りを頼りにエンジン屋さんが黙々とパイプの取りまわしを点検している。1つ変えては走り、1つ交換してはまた走り。夜が明けてくる。
「もうドライバーさんは寝てください。部品取りに一度札幌へ帰ります」とエンジン屋さん。ホテルまで100キロある。昨日大槻氏より3時間は多く寝ているのでまだ私の方が体力がある。
大槻氏に助手席で寝てもらい、FDを転がす。キタキツネが獲物を咥えて立っている横をすり抜け、鹿をやり過ごし、出てきたリスをパイロンのようによけながらホテルに到着。
4:30
ホテルのお風呂が夜もやっていたため、そのまま湯船にドボン。長丁場で洗濯物もたまっていた為、ランドリーも回す。ホテルの中を走り回った。
6:00
大槻氏を内線で起こす。正直声が死んでいる。(笑)
6:15
荷物をまとめて駐車場へ。エンジン屋さんはなんとホテルの駐車場でプラグ交換までやっていた。どんなぺースで走ればこの時間に札幌往復してここサホロでプラグ交換ができるのだろうか?この人もきっと車お化けに執りつかれているのでしょうね、きっと。
6:30
会場入り。全日本には珍しく当日受付だったため、エンジン屋さんを急遽メカニック登録。そして他のクラスの1トライが始まってもまだセッティングしなおしてくれていた。
同じプロショップとして、頭の下がるその思いである。「自分達ならそこまでやってあげられるだろうか?」「わからないと間に合わないという一言で時間をもらってしまうのではないだろうか?」パドック内を試しで走らせることも出来ないのであとは静かにN3クラスの走行順を待った。
結果はご存知のとおり。ブーストは最後までかかりませんでした。
でも、やれることはやったんです。投げなかった。気持ちを強く持った。真剣にこの試合に臨むことができました。私はサポート隊として非常に満足です。ドライバーの気持ちは..
知らないっ!(笑)

リタイア届を出し、帰り道でダウン。道の駅でグーグー寝ていると今回の大きな事件の第1報がメールに飛び込んで来ました。みんな期せずして2トライ目走れなかったのです!「ひどい」
と思って悔しくて落ち込んでしまいました。私たちは車のトラブルで走れなかったがやることはやった。でもみんなは走れるし勝負もできるのに2トライ目「走れなかった」のです。

プロじゃない。Bライは趣味の範囲。
でもみんな真剣に勝負しています。その人は何故、今回エントリーしているのでしょうか?車本当に好きなのかな?競技って何だか知っているのかな?
北海道、せつない試合となってしまいました。

その後、私たちはちょっと運転しては寝、運転代わってはまた寝、道の駅でお風呂を見つけさっぱりしては寝、回転寿司を見つけてネタがおいしくて満足しては寝。
時間調整なんか全くしなくても23:30の室蘭発フェリーに時間ぴったりに到着しました。
(ちなみに普通はサホロ室蘭間、3時間半あれば来るそうです)
6/19
北海道5
4:30
「起きてる?」と大槻氏の部屋に内線。「...○Xおはよ?」と寝ぼけている大槻氏に「慣らしに行くよ、着替えて」と脅し文句。
メーターを見るとFDは600キロ近くまで慣らしが終わっていた。あと400キロ強か!
助手席の私は地図を片手、観念したのか機嫌の悪い大槻氏はステアを握り、お互い黙々と
距離を走る。
(ドライブ?楽しいよね、スポーツカーで土曜の早朝に!!すがすがしい空気だね!!)
そんな会話、ありえない。

「何キロ走るつもりだ?」「あと400は」「俺は絶対今日練習会走る。1000キロ行かなくてもいい。何キロだって一緒だよもう。時間が来たら会場に入るからな!」「1000キロいかなきゃ公開練習は走らせないよ。受付までに絶対1000キロ慣らし終わらせるから黙って走って。」

昨日寝る前に1時間ぐらい北海道の地図をシュミレーションした。距離と時間も計算した。受け付け11時ジャストにはちょうど1000キロは行くはずだ。しかし、問題は時間とともに発生した。サンデイドライバーの出現である。それでなくても峠道。ぺースはどんどん落ちていく。
9:45
「もう無理だ、もう十分だ」見るとメーターは890キロ。ここから会場までは30分はかかる。でも私が嫌だった。「帯広の有料に入ろう。往復で50キロ、会場までで1000キロは超える」大槻氏は黙ってぺースをあげる。黙々と黙々とただひたすら3000rpmキープ。

10:55
サホロ会場入り。1030キロ慣らし完了。とにかくこれで全開はできると確約もない「安心」にすがった。一トライ目。壊れませんように、壊れませんように。あれっ?来ないな、本当に来ないなぁ。来た。げっ!
お、遅いのだ。FDが!?????
エンジン屋さんにTEL。すぐ持ってきてとの事。すぐと言ってももう明日試合だからとりあえず2本走ってからまたまた札幌に向かう。何度も言いますが片道200キロです。

20:10
着いた。点検開始。しかしあらゆる方法を考えてくださったのにブーストは復帰しなかった。
「明日、試合あきらめます」と大槻氏。札幌をとぼとぼと出た。23:40。
6/18
北海道4
本日公開練習の金曜日。
「車ないしどうしようかなぁ」と問い掛ける大槻氏に間髪入れず「試合に出るなら見に行くよ」
と私。だって他にやること無いし(笑)。
コースレイアウトの関係で見るポイントが無いので、わずかに見えるアップダウンの進入と脱出のアングルを楽しんでいました。と札幌のエンジン屋さんからTELが入り「3時にはエンジンかかるよ」との事!!すぐ会場を後にして札幌まで片道200キロ走りました。

FDはブルンブルンアイドリングしていました。生きてる生きてる!!
中で説明を受けると組んだばかりのエンジンがまだほとんど当たりがついていない状態で急に全開したから壊れたのだろうと言う事。アペックスシールもギダギタで見るも無残なハウジングが転がっていました。1600キロの慣らしでも足りないのか!?新品ロータリーエンジン恐るべしっ!!最低600キロ慣らしをして。でも1000キロ以上走ってないとまたこうならないとも限らない....。とエンジン屋さんから説明を受け、ホテルまで帰って来ました。

22:30
駐車場で「俺ちょっと慣らし距離伸ばしてくるわ」「明日の練習走行はやめて慣らしやろうよ」
「嫌だ。明日走りたいから今行く。」「今から走ったって1000キロは無理だよ!」「えっ600キロぐらいのつもりだけど...みんなエンジンなんか慣らししねぇよって言ってるし」「しないと言ってるのはレシプロの連中でしょう!!」「そんなこと言ったら寝る時間がないっ!」 
あっという間に駐車場で大喧嘩です。
1600キロ走って当たりが付いてないと言われたのに600キロぐらいのつもり!?ここまで来てすごい請求書が来てるのに慣らし無しで走ってかわいいエンジンをまたぶち壊しにする気ですか!!
そのまま、大槻氏はプンプン怒って駐車場からFDに乗って出て行ってしまいました。
私は今私の出来ることを考えた。すなわち寝る事!(笑) 
6/17
北海道3
本日午後よりサホロ練習会。
11時ぐらいに現場についてまずトイレ....。このトイレは泣く子も黙ります。(形容省略)
気を取り直してコースを歩く。ビデオ撮影ポイント無し。当日はどうやって撮影するのかなぁと思いつつアップダウンの多いがさがさの路面を途方にくれながら慣熟。
フリーの練習会なのでコース内に入れるのをいいことに、撮影はコース内に陣取ってポイントを換えながら行うことに。
そこで事件が起こりました。「この後から攻めてみる」と言った大槻FDが待てど暮らせどコースに現れない。と、一緒に練習していた関さんが「大変、大槻さんエンジン逝った!」と知らせに来てくれました。エンジンイッタエンジンイッタエンジンイッタ....。くらくらくら...。直してきたはずのエンジン!?なんで!?何も考えられずエンジンイッタという言葉が心で繰り返されていました。パドックにもどりローターの圧縮確認。スコンッ。あ、圧縮無い!色々な考えが頭をぐるぐると回り...でもこれってパニックなんです。結局何も考えてないのと同じ!(笑)
主催者の前原さんがいらしてくれて「知っているところがエンジンなら一晩で直してくれるって」と話をつけてくださり、おまけに札幌まで積載に載せて持っていってくださるというのでもう「渡りに船」すがる思いでお願いしました。
それにしてもあがってきて慣らしも1600キロもやり、やっと試合に間に合ったと思ったら何で....。大槻氏の落ち込み用はもちろんみなさんの想像以上で、その日ホテルの夕食にはとうとう出て来ませんでした。

私ならどうするだろう。
自分の試合、車壊れて週末試合。ダブルできない、車借りる知り合いがいない....。
.........やっぱり直してくれるというところがあるなら知らないショップさんでも委ねるでしょうね...。同じだ!
今後の費用を考えて落ち込んでご飯も食べられないのがわかります。
6/16
北海道2
北海道に到着。
地図をみるとサホロまで「樹海峠」なる険しいイメージの峠が!
エルフはNAなので、「少しでも平坦な道で帯広周りしますか!」ということで気軽に海沿いをノコノコ。
ところが甘かった!!全然着きません。走っても走っても牧場と海。おまけに本州ではメインのコンビニが全然ないしファミレスなんか全くありません!!
エルフ運転でもう疲れ果て、時間調整もなくチェックイン開始3時にようやくホテルに到着。
そんな早い時間なのにフェリーの睡眠不足等たたり........。
.........寝ました。
6/15
北海道1
14日夜会社を出てエルフで寝ました。以前のキャンターでは考えられないアクセサリーのカーテンがあるので快適快適。(最近慣れました)
大槻氏はサポートカーのワゴンRの中でパーキングの電気がまぶしかったようです。(笑)
んで、本日ゆっくり八戸まで行きフェリーに乗る前は近くの居酒屋さんで夕飯。
ここまではゆったりのんびり楽しかったのです。....
フェリーは2等しか取れず、雑魚寝で眠れませんでした。今思えばこれが嵐の予兆だったのかも知れません。
6/13 大槻氏のエンジンが直ってきました!!Rマジックさんか゛がんばってくれたので予定よりも早く上がってきました。
大槻氏、もう仕事そっちのけで(ってわけでもないですが)慣らしがんばってます。何しろロータリーの慣らしは2〜3000キロかかるとのことで、そんなには今からでは走れるわけもなく、あと単純な「ドライブ」だってガソリンはかかる....(笑)。
まだ慣らしは始まったばかりなのですが「ああ、低速がある!!」と大槻氏超感動です。
本当は第1戦にはこんな調子の良いエンジンでスタートできるはずだったのに...。シフトミスで車を傷めた代償は高くついたものです...。

さてさて、車は本調子にもどりそうなのであとは本人次第ですね!
私のミドルの試合を棒にふってまでサポートに行くんだから、見ていても「良かった」と思える走りをしてほしいなぁと節に願うところです。
木曜練習から入るため、明日の夜から出発!
何泊するのよ、人の試合なのに宿泊代自腹、辛いなぁ.....。はぁ〜。
6/7 土曜日のサルクラは暑かった。最高時路温54度。今年一の抜群な暑さ。
翌、試合当日。予報どおりの雨&最高気温22度。
なんですかぁ〜〜この気温の差、天候の差。湿度の差!!
すっかり体調が狂ってしまいだるい体に鞭打ちながら、気力だけを振り絞って試合に臨んだ感じでした。
結果はさすが「サルクラマイスター」の異名を取る岩田氏がグンバツのリズム感でぶっちぎり!!2番手の組チョはあまり走ったことがないコースだというのにいぶし銀の上手さです。

.....遠いなぁ、同じクラスで戦うにはあまりにも今の自分では実力が足りない...。

3日の練習会で感じた車を動かしてあげる為の「うまさ」という大きな壁が目の前に「だ〜ん」とのしかかってきます。理屈でもないし勘でもない。的確な技術力という事なのかなぁ。

その上もっと問題外なのは今回のコース、細かく小さく向きを変える連続で、最後の定常円セクションまでにだるい体を消耗しきってしまい、返しGで吐き気がしたと思ったらブレーキを踏み外してしまったんです。実力の差がある上に決定的な体力の差。全然タイムなんか追求できるレベルにいないんです。
だいたいもともと体力がないのよ、マラソンとか続かないし、運動音痴だし...え〜んっ。

と、くじけかけている中、チーム員の全日本レポートでおなじみ「でこぽんちゃん」が初入賞初優勝!という快挙を成し遂げました。うれしかったぁ!技術的内容はともかく(笑)、気合の入ったアクセルの音が耳に残ります。
後半戦、私は次戦浅間台はお休みなので、もてぎの北ショートからがミドル再チャレンジとなります。こうなったらやれることをやる!体作って出直してきますよ!脱いだらすごいんですにチャレンジだ!!(←意味不明 笑)
6/3 久しぶりにTTの練習会自分の車で走った。
いつもは練習会に来てくれたみなさんの邪魔をしたくないので、自分のとこの練習会では3回に一度ぐらいしか車を乗って行かないのですが、今週末ミドルだし、そろそろ体をならさないと!ところが、いつもに増して乗れてない(笑)!!
や、いつも乗れてないので自分が下手なのは気にならないんですが(笑)、リズムが曲げ方がブレーキが!何かしらタイミングがずれている気がするのです。いくら前後溝なしのG2Sだって、こんなにアンダーだったっけ?私の車、こんなに遅かった?

FDをRマジックさんに出してしまいブラブラと暇な大槻氏に乗ってもらう。
ぐっ!!う、うまいっ.....。タイヤを確実に前に出す適正速度。無理の無いグリップ走行。サイドターンの確実さ。こんなに身近にすげぇ人がいたもんだ....。改めてびっくりする。良く考えたら全日本選手2年目だし、シリーズも上位だしへたなわけないか!
タイムは私の方が1秒速かった(笑)。でも違うんですよ。車の曲げ方が!!タイヤのグリップの使い方が!

何か嫌〜な予感がしたが、気を取り直しS15でドリフト遊びをしていた亨氏に乗ってもらう。
えっ?何!?この反応速度の速さ!!もう向きが変わっている。アンダー出たと思うまでもなく、弱オーバーに切り崩している。げぇぇぇっ!うまいっ....。頼む、ミスってくれっ!あ、ミスった!(笑)
結果、私より0.01秒速かった。まだ、元4駆乗りにはかなわない。

今の仕様でセッティングが出てから1ヶ月半。気に入っている。乗れてきている。とやっと思えてきた心の支えがガタガタと崩れ、今週末さるくらに向かいます。....(涙)
6/1 結局大槻氏は今シリーズ2回目の快挙3位入賞でシリーズも6位まであがりました。
全日本戦という大舞台、決して調子のいいわけじゃない車。コースレイアウトも茂木SSWよりもサーキットを使ったもので、ターンセクションだけではタイムを挽回できるレイアウトじゃなかったのです。前日練習は本番よりも更にターンが少なかったので全く前半のタイムを縮めることもできず、14番手ぐらいでした。
今回のポイントは実はサーキットを折り返すための中盤に用意された何気ない複合ターンでした。ライバル達も後半テクニカルの連続1,2速ターンはほぼ同じタイムでこなしてきます。だから大槻氏は昨年の伊那、筑波コース1000に続き、またこのレイアウトに勝負をかけたんです。
結果、車は遅くても脱出速度でライバル達より1秒速く立ち上がることができました。やっぱり百戦錬磨のおじさんは強い!!(笑)でもここVDは全く撮れないので見ることができないんです。(笑)ズームにしたレンズの先の建物に飛び込み、建物から出てくる時点で区間タイムを取り、ここの出来を推測するしかありませんでした。

結果、ライバル達のパイロン、脱輪に助けられ、午後の完全ウェットであっさり勝負がつきました。TTから山口まで片道1100km。下関に安宿をとりがんばってここまで来た甲斐があったというものです!ただ、7月にはここがただの通り道となる三井三池が待っている....。

FDのエンジンはぎりぎり北海道の出発前にオーバーホール完了という予定になりました。行きすがら東北道で慣らしということになりそうです。
5/23 今回の全日本でFDの調子が目に見えて悪くなってしまいました。ブーストがかかったり、かかるのが遅れたり。
これまでも変だなと思うことがあるにしろ、ちゃんとした溝のタイヤで練習しなかったり練習していると気にならなくなってしまうので本人も周りも気にしていなかったのです。

しかし、今回得意な菅生でどんなに努力しても上手くタイムにつながる気がしない...(もちろん走り方にだって問題あるのですがとは本人の弁)ということで、とうとう車をデイーラーに持って行きました。
完全不具合です。メタリングオイルポンプが吹かずにそれを感知しているCPUがパワーを下げていることが判明しました。
しかもエンジン自体の圧縮も基準値よりかなり下回っています。どれもこれも第1戦のオーバーレブで痛めつけてしまったようなんです。デイーラーさんになんとかクレームでお願いし(すみません。難しいクレームをお願いしちゃって)メタリングオイルポンプの交換がすむのは5/20(木)夕方ということになりました。E/Gは壊れていても、もう時間がありません。昨年だってどんどん痛んで遅くなっていたのにがんばってタイムを出していたのですから、あとはできるだけ精神面の強さと考え方を人より工夫して挑むしか方法はありません。だけどかえって大槻氏は原因もわかって晴れ晴れと開き直った感があります。おじさんの図太さを発揮できればいいんですがね..。

土曜日の公開練習には金曜日、丸1日エルフ君を走らせてギリギリ。今回のお宿は下関なのにフグなんて食べさせてもらう暇は無さそうだなぁ...。
と、いうわけで今週は山口県にサポート隊に行って来ます!!
5/20 さて、今回も「でこポンちゃん」の全日本日記が登場です!!是非、この日記から試合の臨場感やピリピリした現場を読み取ってください。??
................................................................................................
今回も、祐子さんの代わりに会長と佐藤さんのお手伝い(^^)
・・主にビデオ撮りとタイヤ交換くらいですが、今回は頑張って区間タイムも計ってみました!

金曜練習会、土曜公開練習ともに晴れて暑かったのですが、当日は朝からパラパラ雨。
降ったり止んだり、を繰り返してもどかしい天気でした。
さぁ、1本目!
N2佐藤さんは、走行直前に乾きだした路面とタイヤが合わず、リズムを崩してパイロンタッチ2本。
会長本人は難なく走ったようなのですが、またまたタイムに伸び悩む。
こんな悶々とした雰囲気の中でしたが・・・お昼の牛タン弁当がメチャメチャおいしいっっ!!
「この弁当を食べるために私はサービスに来たんだ!」っと自分の存在意義を見い出したような気がしました(笑)。

さてさて2本目。
雨は全く止む気配はなく、どのクラスも完全にウエット大会になっていました。
まずは佐藤さん。見事に華麗にコースアウト♪「イケると思ったんだけどな〜(苦笑)」っと語る佐藤さんは、攻め好きな男39歳です。
公開練習トップだった佐藤さんは、ある意味トップなタイムを叩き出してしまいました(^^;
いよいよ会長の出番!雨は依然降り続いていたので、せめてウエット大会でトップを狙う!
・・・が、結果10番手にとどまりました。
これまた悩めるパパ42歳。急に元気がなくなってしまいました。肩を落とす後ろ姿がせつなかったな・・・(T-T)

あぁぁ・・・
「二人の賞金で、豪華な晩御飯を食べる!」っという私の夢は消え去りました。。。
次回は間もなくMINEラウンド!!とにかく元気でいってらっしゃい(^^)/~
5/17 暗ぁ〜い...
大槻会長が暗ぁ〜〜〜い!!
お店の中はどよっ〜〜〜っとした空気と湿度でどんよりしています。(苦笑)
なんでかっていうと昨日の全日本の結果がひどかったからなのは言うまでもないんですが、こういった場合同じ走る立場のモノ同士、なぐさめるのもかえってお互い辛いもので言葉も見つかりません。
結果は走りの内容についてきます。(←と私は信じてますが)
この精神的な苦しさはきっといつかもっとすごいタイムとなって返って来ると思うことにしましょう...。
あああ、でも重ッ苦しい雰囲気嫌い!!(笑)ゅ
5/10 昨日ぐらいから体調復帰
代わりに亨氏ダウン!しかも夕べのチームミーティングから元気のなかった大槻会長も本日ダウン!!(笑)
今週1台N車製作が入っているのにメカが2人ともいないよぉ〜(笑)!!
気候の変化が激しいので、みなさんも体調管理にはくれぐれも注意してください。
5/9 「大きなパイロンの呪い」を払拭すべく、週末KSC練習会にお邪魔しました!
と言うか、大槻氏の来週末全日本ジムカーナのセッティング出しが本来の目的です。
前日まで呪いで体調不良だったのですが、もうとにかく時間がない!

大槻氏は今回は足回りとファイナルを交換しているのですが、1速を多用して走るように心がけたとの事で、随分車の動かし方が変わったように見えました。菅生はミニサーキットとはいえ、定常円のように島を回すことも多くその対策だと思われます。また今回も私はサポート隊ではないので、ひきつづき「でこぽん」ちゃんのレポートを楽しみにすることといたしましょう。

私のエボ7は「ちょっぴり4駆」に戻りました。
恐ろしいですねぇぇえ。
ちょっとフロントデフが作動するだけで4駆は別な生き物になります。
車がキビキビと動いているのがわかります。それを受けて運ちゃんのいつもののんびりした操作が勝手に矯正されていきます。体調不良なのに忙しいドライビング!まさに地獄(笑)

男性諸君はフロントデフを強くしてガンガン動かしているわけですから、やはり反射神経やら対応速度といった性差をひしひしと感じるところです。
おまけに実は私、運動音痴だし...(笑)。
5/4 オートバックスさんがスーパーなオートバックスさんになって少し離れたところに移転したため、隣のビルの跡地に大型ペットショップさんがオープンしました。

この連休はまさにペット屋さん渋滞!
お店の前は車、車、車が動かない!!営業妨害だよーーー!
...なぁんて全然関係なく、暇でぇーすっ!!(笑)
5/3 ミドル第2戦。
「恐怖!大きなパイロンが見える〜〜!?」の巻。

1トライ目、中間ぶっちぎりベストでトップと0.4秒落ちの二番手タイムでゴール!!
「え〜〜!?嘘みたい、夢なら覚めないでぇぇぇ」
と思っていたら、2トライ目に走りながら夢を見てしまいました...
ターンで上手くタイヤを食わせることができた!シメタ!と思って全開した瞬間です。
目の前に大きな赤いパイロンが!?

そのラインはただのコーナリングでパイロンなんかあるわけがない!えっ、私ミスコース?
あわててブレーキをガンッと踏んだら、そのパイロンが消えてるんです!!
「?」
車の向きを変えて振り返っちゃいました。....
な、ないっ!今見えたのがない...。

.....ゴール位置が近かったのでそのまま帰ってしまったとサ。あーあ。
疲れてるんだわっ、私....。病院に行こうかなぁ。
組チョ曰く、「年取ると脳に一定のGがかかって血液が片側に集まり、目が充血して幻覚がみえたのでは!?」
が〜んっ!!それじゃ本当に病人じゃんっ?しかもそれと年って関係あり?(笑)

結果、1本目のタイムが割と粘ってくれて5位でした。ありがたいことです。
3/28に壊してしまったエボ7のフロントデフの修理が来週できそうなので、これでやっと「完全FR4駆」から「ちょっぴりFR4駆」に戻れます。本当は今のままが好きなんだけど、やっぱりターンの出口でフロントが少しでも引いてくれないと辛いですしね...。

亨氏、なんとBS2クラスで2位!!
FFのDC2やFRの王様FDと混走の激戦区で、なんとS15シルビアに2番手タイムをとらせてしまいました。もうー「へっぽこリア掻き」なんて馬鹿にはできないなぁ...。15君もセッティング次第でここまで育てることができるんですね!

ミドルは今年からノーマルタイヤクラスもあり、当店チーム員のみなさんがこぞって参加しています。日ごろはお気楽全開のプッチムーンのみなさんも、ミドル戦ではちらちらと真剣モードが伺えて、意外に穏やかな人が鋭い眼光になっていたりして「ドキッ」としたりします。
試合っていいなぁ!

でも私は病院に行こう...
4/29 キョウセイと菅生は都合のため稲ゆ!は全日本のサポートには行けません。
そこでチーム員の通称「デコポン」事、五島さんに大槻氏ビッグムーンチーム会長やチーム員佐藤さんの身の回りのお世話(?)でサポート隊をお願いしました。
今回は、そのレポートをご紹介しましょう!!
----------------------------------------------------------
祐子さんの代わりにサービス・・・正直不安でした(^^;
とりあえず私の仕事は、会長の肩揉み&晩御飯をおごってもらうことでしたっけ?(笑)
前日練習は1本のみだったので、ビデオ撮りに専念。

で、晩御飯食べた後にビデオ鑑賞&区間タイムを計って反省会。
会長は、N3の区間タイムを書いた紙をじーーっとみつめて、あんまり言葉を発さず。。。
「優作君速いなぁ〜」とか・・・漠然としたコメントばかりで、なんだか悶々としてる会長。。。
どっ、どうしよう(--; 会長、明らかにハマってる〜〜!
こんなときに祐子さんが居てくれたら、会長の走りを検証&会長自身の漠然とした問題点もスッキリ解決♪だったのでしょうね。。。う〜〜ん。(悩)
*注1:私がいても全く問題は解決しません。(笑)byゆ!

さて、全日本当日。
佐藤アニが1本目2位につけたので、私はもう会長どころではなくなってました(笑)。
*注2:「佐藤兄」
チームには一時期5人の佐藤さんがおりました。そのころ、年の順に兄やら弟やらあだ名をつけていたのですが、その名残で未だに佐藤さんはチームで「兄」と呼ばれています。byゆ!

会長の1本目は、前半区間を伸ばせず上位に食い込めない。これまた悶々・・・。
どっ、どっ、どうしよう!
祐子さんに電話で助けを求めたかったのですが、キョウセイは圏外なんです!1本目の報告も出来ずに、とうとう2本目。2本目の会長は、いつもの突っ込み病(かな?)、アンダ〜でサヨウナラ〜♪どんどんタイム抜かれて結果11位。とっちゃイケナイ11位ですよ!!
再車検にもプールされずに、早くもFDがパドックに戻ってきてる!(苦笑)。あまりにもパドックが暗いので・・・私、逃げました(笑)。

佐藤アニは2本目、タイムダウンしたものの3位入賞を果たしました!
もう会長そっちのけで、喜びを分かち合う私と佐藤アニ(^^)v

帰りの高速パーキングでは、佐藤アニの賞金で晩御飯にありつく会長。。。うーーん、おもしろい図!次の菅生は、私が”2人の賞金”で牛タンおごってもらわなくっちゃ!
会長&アニ、次回もガンバっ☆
P.S.
会長、元気で皿洗いやってますか??(^^)
*注3:当チームのミーティングでは、1位を取るとみんなの妬み?にあい、ミーティングで使用した湯のみ茶碗を全員分洗うことになります。一度も洗った事のないチーム員は逆に寂しい思いをしたりします。(笑)byゆ!
4/19 そしてミドル開幕第1戦!待ちに待った今年度初シリーズ戦です。
なんつったって新潟は主催者さんの意気込みが違いますから、毎年遠いながらも楽しみにしている試合のひとつです。今年も出てる出てる!コシヒカリ!越の寒梅!!

試走車のオイルが落ちて1時間中断したりもしましたが、オフィシャルが丁寧に雑巾でふき取り土をまいて掃除してくれたおかげでみんな2本目タイムダウンせず走ることができました。

胎内はFF、特にインテグラには非常に向いたコースで、確か2000年のJAF関東戦ではA3のトップタイムをA4の4駆勢が2台しか更新できなかったという、面白いほど路面にクセのあるコースです。
そういう私も昨年Lクラスで大雨の中、真剣に走ったのにインテ和美号に1秒半負けた苦い思い出があり、今回は作戦を緻密に練っていきました。

その作戦とは!
「前日速い人の走りをぱくるっ!よく寝る!(笑)」

乞うを相したのか、初男性クラスBS3でトップの宮本氏の1秒落ち4位という(実は宮本氏、失敗してます)自分にとってはすんごいすんごい位置につける事ができました。

何よりも嬉しいのが亨氏に勝ったぁ!!
埼群戦のカタキはとったよんよん♪
1秒離せなかったのはこの際忘れることにして、苦節12年、これほど嬉しい瞬間はありませんでした!「路面の悪いところは腕が出るんだせぇっ〜」って毎年馬鹿にされてたんだもの。
あはは!(注:この際車の有利不利は抜きです!)

オーディオが壊れた帰りの積載車エルフ君の中では、車の話は一切せず、えんえん4時間
「しりとり」バトルをしながら眠気と戦いました。(笑)
4/11 埼群戦に出てきました。
おもしろい試合ですねぇ!!埼群戦!!
コースレイアウトも関越らしいし、商品はたっぷりど〜ん!!
現金争奪じゃんけん大会はマジ、いい企画だなぁ♪試合モードのG6大会みたいな楽しさでした。

試合は...。
え〜っ、嘘!!なんでぇ〜!?わかっていたけどまさか!?
むかつくんです!!
シルビア亨氏に屈辱の1秒落ち!!(怒/怒)

あと0.5秒はつまりそうな亨氏と、車の壊れた部分のメンテすら応急にしかできていない状態に加え、自分のドライビングに全く集中できていない私。
亨氏に1秒やられたことで逆に気が引き締まりました。胎内第1戦はきっちり1秒離して借りを返すわよっ!!(美しい夫婦愛?)
4/8 4/1夕方に名阪に出発!新車の臭いのエルフ君に寝る予定が「腰がいてぇ」と言い出した年寄り大槻氏のせいで泣く泣く鈴鹿まできてホテル泊。なぜ泣く泣くかというと、貧乏なTTは全ての全日本費用をお店から出すことができないので、こうした練習会等の費用は全て個人もちだからなんです。私自腹なんですよ!自分の試合じゃないのに!(怒)

4/2朝雨。上がる予報だったので地道にタイヤコンデイションだけ様子見。雨の中ではタイムが良かったのにドライになってきたら順位が下がり始めた。あらぁどうも進入と脱出のタイミングがぬるいぞぉ〜「まさか!」「また?」
走行から戻ってくる大槻氏に立ちふさがる。もう仁王立ち!!大槻氏は怒られる事を自覚しているのか車から出てきません。待っても出てこないのでこちらから助手席に乗りました。

ゆ「もうどうしてああなっちゃうの!?足!!あれほど去年にもどせと言ったのに。今度は限界がさがっているじゃんよー」大「....。」ゆ「あんな足だとコーナー脱出、アクセル待たなきゃならないじゃんよ」大「.....。」ゆ「一体何回やったら気が済むのよ、会社休ませてもらって来てるのに」大「....ごめんなさい...。」
人それぞれ自分の力量を出して力いっぱい走れているのなら内容や順位はどうであれ怒りませんが、懲りても懲りてもやってしまうんです、この人は。試合で馬鹿たれな仕様変更を!!

その夜、散々VDでそんな足でも車速を落とさないためのイメージトレーニングをしたそうです。(笑)

4/3完全ドライ、ピーカン!!恐れていたドライです。大槻氏ひとり脱出速度が上がらない中、ライバル達はドンドンタイムアップ!!特にフロントに18インチをはいたFDの皆さんはタイムが0.5秒から1秒近く速くシャレになりません。あ、N車のFDはフロントのみ18インチがはけるんですよ。カッコは正直悪いんですが、悪い路面や小さなGがかかるコースには使えます。
18インチ....!もちろん高いけど、お金に余裕のある人はお試しを!(笑)

4/4朝から冷たい雨。気温6.7度、路温7度と一番寒かったです。しかも午後から上がる予定が全然雨はやまなかったんです。

大槻FD、この「ぬるぅい足」は雨はいいんです。コーナリング少ないから。(笑)

1本目ぶっちぎりの中間ベスト!と思ったらいきなりスポンジバリアに突っ込み1Mほど車はジャンプ!!縦の飛距離ではナンバー1。
でも午後も雨が続いたのは本当にラッキーでした。2本目はジャンプしたポイントだけ慎重にブレーキしたもののゴールしたらなんと2位!大槻氏は第1戦にジムカーナ歴始まって以来の運命のいたずら?(←と本人は言っている)から見事に復帰を果たせたということで、めちゃめちゃ喜んでいました。
ちなみにチーム員の佐藤さんN2クラスDC2も10位ポイント。2戦連続のポイントです。
物静かな人なんですが走りはいつも熱く、毎年ちゃんと地区戦等のシリーズを追っていれば上位に食い込めるのにと思っていたので、これもとても嬉しい限りです。ちなみに彼は本ちゃん借り物タイヤですからね、タイヤ持ってなくて(笑)。
天気ひどかったけど、まさに救いの雨でした。

私事ですが、帰り道で父の訃報を受け取りました。
病名がわからず何年も入退院を繰り返し苦しみつづけ、この日の前日の土曜日に末期癌とわかったばかりでした。これから少しでも治療ができるはずが、翌日に逝くとは....。
こんな娘の仕事や趣味を心から応援してくれた父の冥福をこの場を借りて祈らせてください。
3/30 3月末決算...。
こんな小さなお店でも棚卸っていう年に一度のおおわらわの日があります。
日ごろ鉛筆なんか持たない3人が「飽きずに数を数えられるか!?」というレベルの低い我慢大会の日なんです。
なんと言ってもオーバーホール作業の多いうちのお店は、細かい純正パーツがたくさんのコンテナにぶっきらぼうにごちゃごちゃテンコ盛り。いつも「車種ごとに分けとけば? 」とかいろいろ整頓については悩むわけですが、結局うっちゃらかしで毎年この時期になると見るのも憂鬱です。
ところで今週末ってまた全日本!?
3/28 練習に行った1本目の途中でエボ7のデフ、壊れちゃった...トホホ
3/15 全日本第1戦。まさに怒涛の3日間でした。...

朝2時に起きて大槻氏とお店に4時待ち合わせ。

金曜日の練習会1本目。
スタートからいきなりクラッチが滑りきってしまい慌てた大槻氏は3速から4速へのシフトアップをシフトミスで2速にぶち込み「ばっきぃーんっ」とファイナル破損。デフケースからオイルがつつつぅ〜!
うわっ大変だ。とにかくお店にもどらなきゃ!!運良く、改造のスーパーオートバックスFD3S川北さんがデフケースを持っているとの事で急遽柏店に寄ってお借りすることになりました。
ところが都内は雨が降り出しあちこちで事故。茂木を12時に飛び出して平塚のお店にたどりついたのはなんと6時。たまたまこの日は仕事が少なくてピットも空いていたため亨氏と2人でもうスピードで器械体操のように脱着作業が始まりました。使えないパーツの洗い出しをし、うちの持っている部品じゃ足りずに近隣のショップさんに電話かけまくり。あった!と言われてダッシュで車を走らすも華金(ハナキン←古っ。今の人達はもしかして知らない?)世の中は渋滞です。

あ、そうだ茂木の宿に電話しなきゃ!!運転しながらめまぐるしくいろいろな手続きが頭をかすめます。
「もしもし。...こういう理由で今日はキャンセルしたいんですけど」
「稲木さんと大槻さん?ああ、来週の予約の方ですね」
あれっ!?が〜んっ!!
予約間違えていてどちらにしろ本日は満室で泊まれなかったんです!
明日はキャンセルで2部屋空いてますと言われ、全く運がいいのか悪いのか...(笑)。

帰ってきて私はもう眠気でダウン。
軽自動車に毛布を引っ張ってきてヒーター入れてお店の駐車場でガーガー寝ちゃいました。大槻氏はなんやかんやでAM12時すぎまで修理していたようです。

そしてまた明け方、応援のチーム員を1人ひろってまた茂木へ再出発です。
歯は磨いたよ。お風呂は入ってないけど...(笑)。

朝8時に受け付け終わって慣熟終わってまだかなぁまだかなぁ...えっ今日ってお昼から走行1本なの!?うわっタイヤ試せないじゃん!コンパウンドドレデイク?タイヤノヤマドウスル?足回りカタメル?追い詰められてだんだん思考がカタカナになっていきます。
もうバタバタです。
しかも寝不足と作業の疲れでナチュラルハイになっている大槻氏は走りもひっちゃかめっちゃか。あとでVD見て検証しよう!ということでウエルカムパーティの前に一回大槻氏の部屋にみんなで集合。自分もエントリーしているチーム員の佐藤さんが大槻氏の分まで細かく区間タイムをとってくれたので大変助かったものの肝心なドライバーは実はもう完全に頭はまっ白ですね。真剣に話してはいるんですが言葉がうなされてるみたいでした...(笑)。

私も疲れで酔っ払ったようなフワフワした感じ。せっかくのウェルカムパーティはビール1杯で酔えてしまいました。ああ、ただ酒なのにこれでお酒がまわってしまうなんて、なんてアンラッキーなの。1杯じゃ悔しいので1本空けました。む、むなしい。

試合当日。
大槻氏1本目スピン。2本目、さっきよりもっと手前でスピン。まさにいいとこなし。
応援に来てくれたチームのみなさん、本当にごめんなさい。あ、でも私が謝る事じゃないんですよね、大氏にあとでチームミーティングの時に懺悔させましょう。
でも、この2本のスピンの為に3日間も振り回されてお肌もポロポロ、目のしたはクマ!
お肌のデリケートな年頃なのよ、私は!!
と、大槻氏に怒りまくったら夕飯焼肉でお詫びしてくれました。

そんなことより全日本の感想とか内容とかないのかよ!!とこれ読んでる皆さんにお怒りを受けそうですか?
あはは。詳しい内容はオートスポーツ誌やPD誌へどうぞ。
3/11 いよいよ明日金曜日から全日本の練習会が始まる。
それにしてもいつから全日本って3日間のイベントになったんだろう...?

大槻氏はもう毎日セッセと時間を見てはセッティングと仕様変更の繰り返し。もうこの2週間は足回りをいじり倒しています。本人はおととしのミドルから「腕は何にも変わってない」と言ってますが、取り巻く環境が変わった事で気合い入れすぎでどうやら空回りしているようで、今日もたかだか自分の車のフルードのエア抜きに失敗(笑)。

亨氏は新しい積載車、エルフ君にお化粧をほどこしています。随分楽しそうにTTカラーを貼っています。こんな風の強い日に器用だなぁ。

そのシワヨセで私は朝から何から何までお店の仕事!しまいに「あっ、ワッペン縫って!」などと腹の立つお願いまでされ「でも、こないだダンパーの仕様変更の工賃まだしてないしなぁ」と弱みがあるのでしぶしぶやってます。

それではこれを読んでくださっている皆様と「大槻さんで遊ぼう!」の売り出しに応募してくれた皆さん!共に応援、よろしくお願いしまぁす!ちなみに私の順位予想は5位です!(笑) 
3/5 前の日記から怒涛の10日間が過ぎました。
全日本前のテストテストテスト............あああてすと!!
今年から正式にヨコハマタイヤさんのサポートドライバーにさせていただいたり、昨年の成績でいろいろなスポンサー様から期待されたりで大槻氏、気合は入っているものの連日のテスト→仕様変更→走行→....の繰り返しで、そろそろ気合よりも疲れが目立ちはじめてきています。前回のキョウセイシリーズで限界を上げすぎた足回りを見直し、またテストを頼まれたメーカーさんの試作クラッチを入れています。
全日本、もう来週だよぉ〜!あんなに時間があると思ったのに今年は追われるように車をさわっていてもう心にゆとりがありません。なんと言ってもN車は駆動系が命ですから、セッティングも細かくデリケートです。

そこへ行くとB車の私と亨氏はパワーFCのセッティングも一段落。ランサーエボ7はブーストコントローラーを入れてもらいブースト1.8維持が可能となりました。前入ってなかったときはオーバーシュートだけだったんですが今はリミッターまで垂れずに回ります。シルビアはAVC-Rなので更に細かくブーストをセッティングできます。1速で1.1かかり2速では1.2かかるように指示してみました。
しかも1速の中速から2速の低中速のブーストデューティを細かく刻んでターボラグが少なくスムーズにブーストがかかるようになりました。トラクションのないシルビアがドッカンターボだとどんなに運転しずらいか...。ドリフトにはたまりませんがタイムトライアルでは致命的です。それを解消したかったのが今回のテーマでした。あとはお互い乗り手が問題(笑)。
2/24 2/21,22と大槻氏の練習につきあい、ソモスさん主催のキョウセイシリーズに参加&観戦してきました。
私のエボ7は亨氏が乗っていた頃から1年10ヶ月もの間クラッチノーメンテで、今週に入ってからやっと壊れ(笑)、前前日にクラッチをオーバーホールしてもらえたおかげで直線が速くなりました!
知ってました?4駆ってクラッチヘタルと直線がガクンと遅くなってしまうんですよ!
キョウセイは3速全開が気持ちよく、久々に加速が楽しかったです。
大槻氏は?
タイム伸び悩んでいます。...ここ、苦手だからなぁ...。

そして翌日のキョウセイシリーズ!一緒に行ったチーム員佐藤さんがなんとオーバーオールタイムでN2クラス優勝!
「やったぜ、波に乗った勢いで!」と思いきや大槻氏、ハーフドライの自分のタイムを雨の中で地元勢にあっさり抜かれて3位...。
いくら苦手でも、そりゃないでしょ!かっこわる〜いっ!(笑)
.....っつうか、何いじったの?
1月の練習会は足ばっちりだったのに!!
ただ、いつもいじり倒しては失敗する大槻氏のおかげで、TTのセッティングはみんなの乗りやすい車になるんです。こんなビギナー戦で負けてしまうような全日本ドライバーは、きっと大槻氏だけだと思いますが、だからこそ今のジムカーナはみんなにチャンスがあるんだ!と思えますよね。いろいろな人が名乗りをあげていて本当に今年の全日本は開幕から楽しみです。
2/10 本日、全日本第1戦もてぎの申し込み書が届きました。
ああ、とうとう始まりました。今シーズンの幕開けです。
2/28にSSWの特別練習会がある旨がうたい込まれており、「これってみんな走ったこと無いし出るよね、みんな....」う〜ん、うまいな主催者!!って感じ。
大槻氏は「踊る阿呆」になって参加する気のようです。しかも、このおとーさん、年末からのバタバタでそろそろへそくりが底をつく模様。1年持つのか!?全日本!!(笑)
今年は山野さんがS2000改めNSXを持ち出すとの噂も有り、たくさんの腕の立つドライバーがFDエントラントとして登場することもあって、開幕戦からN3は目が離せませんね!
2/3 なんだか3人とも疲れてます。(笑)

1人1人仕事が山積みで片付かない!なのに合間に自分達の車を少しでもさわろうとするので、もうスケジューリングがてんやわんやです。

今日は昨日からお預かりしているお客様の車の部品が来なかった為に、仕事がぽっかり空きました。
なので、もう2人ともわさわさわさわさと落ち着かず何かしています。多分自分達のダンパーをいじったり各メーカーさんからくるテスト品を装着したりしてるんでしょうが、何故か疲れているはずなのに足取りが軽いんです。...本当に、好きだなぁ...。

明日の定休日が待ち遠しい...。はぁぁ〜。
1/26 昨日はお店を亨氏にまかせて大槻氏FD3SのN1ダンパーのセッティング及び私のCT9AのパワーFCコンピュータセッティングに関越スポーツランド、サバスブレインさんの練習会に参加してきました。

N車の大槻氏はいままでよりも「よりしなやかに、ロール限界の高い足」というものにこだわり、今回の減衰力を作りました。それが見た目では文句無しドンピシャです!
全く溝のないアドバンG2Sが路温10度のアスファルトで食いついて見えるから恐ろしい。
本人は「かなり限界が高いのでサイドターンは本当に難しい」のだそうで、絶対ターンはしくじらない大槻氏が2度ほど回しきれてなかったようでした。でも少し限界を考えて作れば、みなさんのN1ダンパーにノウハウを還元できそうと言うことで今後は更にいい足回りになる予感がします。RマジックさんにオーバーホールしていただいたE/Gもやっと当たりが付いてきたのか、音質が変わってきました。1本走るごとに車が速くなっていきます。大槻氏、まさに絶好調。午後のコースは現役の4駆ドライバー含めてもオーバーオールタイムでした。脱帽。

B車の私のランサーも年末にAPEXさんでPFC自体の温度管理の設定を少し変更していただきました。連続練習にも耐える温度で維持できるようにです。温度をきちんと補正管理することで随分補正マップに余裕ができてきました。私の車にはブーストコントロールキットが入っていない為ブーストはいじれないんですが、昨日1日でコンピュータだけでブーストが0.2上がり、現在1.8かかります。すごいっ!(スタートの勢いがこわいっ)
このパワーを受け持つには少し足がだらしないのでこちらもシーズン前にはセッティングしなおす必要が出てきました。今後大槻氏、亨氏と相談です。
今日は昨日つくったパワーFC MAPを効率良く作り直しています。

そして今週の定休日はまた関越。
今度はB車の亨氏のS15のパワーFCとAVC-R(ブーストを細かくセッティングできる)のセッティング合わせです。

脳内パンク?

それが意外と走っているときとセッティングしているときに使っている脳が違うみたいで、走行中はひたすら車に集中できるし、走り終わるとパッとA/Fや加速を作る燃料のMAPが浮かぶのです。
不思議ですよ、人間って。(笑)
1/13
11日はチームの新年総会!
毎年の年初めだけはミーティング、全員参加で顔合わせです。この日の為にお店で大槻会長がわざわざみんなのサンドイッチを作りました。「食べれば0.1秒速くなる」というので
チーム員たちは無理くり?食べてましたが、意外とおいしかったようです。
今年はとうとうレギュラータイヤチームのプッチムーンのチーム員がSタイヤチームのビッグムーンを上回ってしまいました。新規のチーム員さん達でチームの年齢もちょっぴり若返り、今年も更に楽しく走れそうです。

12日はJMRCの表彰式でうちから2時間半かけて王子まで行ってきました。
こんなレディースですみません!
和美ちゃんは飲んべじゃないよ。念のため。

この日の為に年末からお酒をほどほどに控えてきたのよね〜〜!楽しい車仲間とのただ酒パーチィだものっっ!!ただ、今年は表彰人数が随分絞られてしまったようでいつもより
少なかったです。もっとたくさんのみんなに会えると思っていたのでちょっとがっかりでした。
ただ、今回はちと飲みすぎました。
(山本さん、飲みすぎて調子にのってしまいいろいろ失礼いたしました。すみません!)
新車がない分乗り換えの話はほとんど聞きませんでしたが、SW20を下りてしまう方が
かなりいてすごい残念です。ぐっと増えてきましたね、FDが!!
あと、N車に作り変える人達も増えていました。どうせメンテナンスに費用がかかるのだから
これもいい考えだと思います。今後長い目で見たらやっぱりN車の時代になりますからね。

これで2003年度のしめくくりも終わり!
今日からは本当の2004年度シーズンインです!
1/10 新年は5日から営業。
なんか毎日めちゃめちゃ雑用に追われています。
新年度からの売り出ししかり、お店のPOPしかり、チームの新年総会の準備しかり...

それは別として大槻氏も亨氏も車が帰ってきました。

大槻氏のFDはエンジンのローターが少し開き気味になっており
トルクが落ちていたのは間違いなかったようです。
なんでこんなになっちゃったかというとRマジックさん曰く
「連続走行しすぎ」「高回転まで引っ張りすぎ」が原因だそうです。
大槻氏は反省していましたが、車があがった週に名阪の練習会に行ってしまいました。

亨氏のオーバーサイズピストンも上がってきました。
まだ慣らし中で回してませんが、去年までのエンジンがへたれ気味で元気が無かったのに
比べて明らかにトルク感があります。
ガムレーシングさんのエンジン加工は細部まで非常に丁寧なんですよ!

私のエボのパワーFCもAPEXさんから設計にチューニングを施されて返ってきました。
エクセル店ではチューニングできない設計の部分にどうしても不満があり
プログラミングしてもらった部分があるんです。うふふっ!

やる事はたくさんあるんだけど体はひとつ!自分が可愛いので無理はしません♪
1/1 みなさん、あけましておめでとうございます!
祝猿

不況や戦争と世界的には暗い話題も多いですが、好きな事は犠牲にしちゃだめっ!
一度の人生 楽しくなきゃ嘘よ。
今年もはりきって車人生、つむいで行きましょ♪
2003年稲ゆ!の気まぐれ日記
2002年とおるさんのエボ7日記
2001年とおるさんのエボ7日記